イベント・セミナー

プライベートセミナー情報

【エンドユーザー様向け】標的型攻撃対策まるわかりセミナー

<< Fortinetによる多層防御で標的型攻撃対策を安価に実現、構成のシンプル化、インシデントの可視化でさらに対策を強化! >>

2015年は日本年金機構を初めとする大規模な情報漏えいインシデントが連日報道されています。その多くが標的型攻撃による「攻撃メールからのマルウェアの感染」、「感染PCを通してシステムへの侵入」、「重要情報への到達、奪取」、「重要情報を送るための通信発生」という手順を踏んで行われた攻撃です。多くの企業がその脅威にさらされている『標的型攻撃』とはどういったものなのでしょうか?『標的型攻撃』とは、よく下記のように定義されます。

【標的型攻撃】
「標的型攻撃(英 Targeted threat もしくは Targeted attack)は、特定の組織内の情報を狙って行われるサイバー攻撃の一種であり、その組織の構成員宛てにコンピュータウイルスが添付された電子メールを送ることなどによって開始される。以降も持続的に潜伏して行われる標的型攻撃はAPT攻撃(Advanced Persistent Threat)と呼ばれている。標的型攻撃の対象とされる組織は、政府/公共サービス機関、製造業が多く、価値の高い知的財産を保有している組織が対象になっている。」

つまり、標的型攻撃は「特定の組織内の情報(価値の高い知的財産)」の奪取を目的とした攻撃なのです。では価値の高い知的財産(重要データ)を攻撃者に奪取されないためにいったいどういう対策をするべきなのでしょうか?企業規模などによってその対策方法はネットワーク、クライアント、そして物理セキュリティと多岐に渡りますが多くの『標的型攻撃』が攻撃メールによるマルウェア感染から始まることから次の対策が有効と考えられます。

  • 死守するべき重要データの棚卸
  • UTM、サンドボックスによる多層防御による入口・潜伏期間・出口対策
  • セキュアメールアプライアンスによる、ウイルス・スパム対策
  • それでも侵入された際にそのインシデントへの早期発見と対処(インシデントの可視化)
  • コールバック通信によってデータが奪取された時の早急な対処

これらの対策の中でも入口・潜伏期間・出口対策やウイルス・スパム対策のソリューションは重要な位置を占めそれらを正しく運用することで多くの『標的型攻撃』を未然に防ぐことができるのです。さらにそれらの状況をリアルタイムに可視化することで、万が一マルウェアに感染してしまった場合でも早期発見することにより、重要情報が漏えいする前に適切な対処をすることが可能になるのです。

本セミナーでは、標的型攻撃対策として安価で運用性に優れたフォーティネット社のUTM製品「FortiGate」を中心として、ウイルス・スパム対策が可能なセキュアメールアプライアンスでかつメールサーバとしても利用できる「FortiMail」、未知の脅威の検出・対策・レポートが可能かつ、FortiMailとの連携で怪しいメールの受信を止めることも可能な「FortiSandbox」、これらの製品を標的型攻撃対策に利用する場合の特長、連携性等を詳しくご紹介させていただきます。さらに、標的型攻撃対策ではマルウェアの感染状況の可視化も重要なポイントです。今回は上記フォーティネット社製品との連携可能で、インシデントの可視化を自動で行うことを可能にする「SML」も合わせてご紹介いたします。本セミナーが昨今多くの企業で被害が出ている『標的型攻撃』への有効な対策の一助となれば幸いです。ぜひこの機会にご参加ください。

日時 2017年2月9日(木) 15:00~17:30
2017年2月21日(火) 15:00~17:30
2017年3月16日(木) 15:00~17:30
開催場所 フォーティネットジャパン株式会社
〒106-0032 東京都港区六本木7-7-7 Tri-Seven Roppongi 9F
主催 図研ネットウエイブ株式会社
協賛 フォーティネットジャパン株式会社
参加費 無料
公式サイト 2月9日(木) セミナーの詳細
2月21日(火) セミナーの詳細
3月16日(木) セミナーの詳細

パブリックセミナー情報

現在予定しているパブリックセミナーはありません。

イベント情報

Security Days Spring 2017 Osaka

企業システムのクラウド活用を前提に構築する情報セキュリティ基盤

  • OA-02 3月16日(木) 10:40〜11:20

概要:2020年までに9割以上のアプリケーションがクラウド・ベースに移行するという予測が出て来ました。しかし、さまざまなクラウド活用は分断されたデータの保護、異なるサービス・レベルにまたがるセキュリティ・ポリシーの遵守など、企業のセキュリティ担当者に新しい課題を突きつける事になります。本講演では、変わりゆく企業のITインフラストラクチャを概観し、イントラネットからクラウド環境まで企業ネットワーク、システムの可視化を行い脅威に対して被害を最小化するための情報セキュリティ基盤をご紹介します。

日時 2017年3月16日(木) 9:45~17:45
開催場所 ナレッジキャピタル・カンファレンスルーム(グランフロント大阪 タワーC 8F)
主催 株式会社ナノオプト・メディア
参加費 無料 (事前登録制)
公式サイト セミナーの詳細
 

フォーティネットについて

設立

2000年

NASDAQ上場

FTNT(銘柄名)

本社

カリフォルニア州サニーベール

従業員数

4,665人以上

財務経営

  • 2016年度の売上:
    12.8億ドル
  • 無借金経営

最初の製品出荷

2002年5月

出荷実績

3,000,000台以上

顧客数

300,000社以上

特許数

  • 358件以上の特許取得
  • 292件以上の特許出願

@FortinetJapanをTwitterでフォローしよう!