2012年9月19日
フォーティネットジャパン株式会社

フォーティネット、Wi-Fi機能を標準装備したUTMアプライアンスFortiWiFiを発売開始

セキュアな無線LANアクセスポイントFortiAPの新機種も同時に発表

ネットワークセキュリティのリーディングプロバイダーであり、UTM(Unified Threat Management:統合脅威管理)ソリューションの世界的リーダーである、フォーティネット(Fortinet®, Inc. 本社:米国カリフォルニア州サニーベール NASDAQ:FTNT)は本日、無線LANアクセスポイントとIPSec/SSL VPN、ウイルス対策などのUTM機能が1つの筺体に統合された、FortiWiFi-40CおよびFortiWiFi-60Cアプライアンスの日本での発売を開始いたしました。合わせて、FortiGateおよびFortiWiFiに内蔵された無線LANコントローラ機能と連携して稼働する無線LANアクセスポイントの新機種FortiAP-221Bの発売開始を発表しました。

スマートデバイス/BYODの急速な普及に伴い、企業・組織におけるセキュアな無線LAN環境の構築が急務となってきています。しかしながら、従来の無線LANアクセスポイントは社内ネットワークへ直接接続する構成が多く、スマートデバイスを媒介としたマルウェアの社内への侵入に無防備でした。また、無線LANアクセスポイントを導入するにあたり、専用の無線LANコントローラを別途購入する必要がある場合も多く、導入コストが高くなるだけではなくIT管理者に大きな負荷となっていました。

これらのIT管理者の悩みを解決すべく、フォーティネットはFortiGateを無線LANコントローラとし、全ての無線LANトラフィックをFortiGateで精査し、社内ネットワークをセキュリティの脅威から守る FortiAP無線LANアクセスポイントを販売しておりましたが、SOHO、新興企業あるいは中堅・大企業の支店、小売業の拠点など、セキュリティを確保し、かつ容易な導入・運用を行いたいというニーズに応え、FortiWiFiの日本での発売を開始いたしました。

FortiWiFiは、別のFortiWiFiを無線LAN子機(クライアントモード)として利用することが可能です。階が異なるなど物理的にLANケーブルを設置できない環境で、無線と有線を統合したセキュアなネットワークを構築することもできます。また、FortiWiFiはFortiGateと同様にExpress Cardスロット(FortiWiFi-60Cのみ)やUSBインタフェースを装備しており、バックアップ回線として移動体通信サービスが利用可能(注)です。

また、FortiGateは1台当たり 最大1,024個のFortiAPとFortiWiFiを無線LANアクセスポイントとして制御することが可能です。学校、公共機関、大企業など セキュアな無線LANネットワークを迅速に導入したいというニーズにお応えすることができます。

(注)移動体通信サービスへの接続用の通信カードは別途ご購入下さい。

FortiWiFiについて

FortiWiFiはFortiGateに、無線LAN機能を搭載し、無線から有線ネットワークまで、オールインワンのゲートウェイセキュリティを提供します。

主な機能と特長

  • FortiGateの全機能に加え、無線LANアクセスポイントを搭載
    • IEEE 802.11 a/b/g/n
    • 無線ラジオ数:1
    • アンテナ: 2x2 MIMO方式
    • DFS(Dynamic Frequency Selection)
  • 別のFortiWiFiを無線LANクライアント(子機)としてサポート
  • FortiGateの無線LANアクセスポイントして動作
  • 無線LANコントローラとして、最大5台のFortiAP無線LANアクセスポイントをサポート

FortiAP-221Bについて

FortiAPは、FortiGateおよびFortiWiFiを無線LANコントローラとした無線LANアクセスポイントです。

主な機能と特長

  • セキュアなシンアクセスポイント
  • IEEE 802.11 a/b/g/n
  • 無線ラジオ数:2
  • アンテナ: 2x2 MIMO方式
  • DFS(Dynamic Frequency Selection)

フォーティネットについて (www.fortinet.com)
フォーティネットは(NASDAQ: FTNT)ネットワーク セキュリティ アプライアンスのワールドワイド プロバイダであり、統合脅威管理(UTM)のマーケット リーダーでもあります。フォーティネットの製品とサブスクリプション サービスは、ダイナミックなセキュリティ脅威に対抗する広範で高性能な統合プロテクション機能を提供しつつ、ITセキュリティ インフラの簡易化も実現します。フォーティネットの顧客には、米フォーチュン誌が選出する2011 Fortune Global 100の大部分を含む世界中の大規模企業、サービスプロバイダ、行政機関が名を連ねています。フォーティネットのフラグシップであるFortiGate製品はASICによる高速なパフォーマンスを誇り、アプリケーションやネットワークの脅威から保護する多層セキュリティ機能が統合されています。フォーティネットの幅広い製品ラインはUTMにとどまらず、エンドポイントからデータベースやアプリケーションなどの境界やコアに至る大規模エンタープライズのセキュリティを保護します。フォーティネットは本社をカリフォルニア州サニーベールに構え、世界中にオフィスを展開しています。

Copyright© 2012 Fortinet, Inc. All rights reserved. 「®」および「TM」マークはいずれも、Fortinet, Inc.とその子会社および関連会社の米国における登録商標および未登録商標であることを示します。フォーティネットの商標には、Fortinet、FortiGate、FortiGuard、FortiManager、FortiMail、FortiClient、FortiCare、FortiAnalyzer、FortiReporter、FortiOS、FortiASIC、FortiWiFi、FortiSwitch、FortiVoIP、FortiBIOS、FortiLog、FortiResponse、FortiCarrier、FortiScan、FortiDB、FortiWebなどが含まれますが、これらに限定されるものではありません。その他の製品名およびサービス名等は、各社の商標である場合があります。フォーティネットは、本プレスリリース内の第三者に帰する声明、認可またはテストについては、検証を行っておらず、また、このような第三者に帰する声明を承認するものではありません。本プレスリリースは、保証または債務保証、または契約として一切拘束を受けるものではなく、記載された製品仕様または製品性能は、ある特定の環境や条件のもとで計測されていることがあります。また、本プレスリリースには、将来の見通しに関して不確実性および仮説を伴う記述が含まれている場合がありますが、本不確実性が現実になったり、あるいは本仮説が正しくないことが判明したりする場合、明文的あるいは暗黙的に記述された内容と異なる結果が生じることがあります。これには、サイバー犯罪活動の動向予測に関する記述などが含まれますが、これに限定されるものではありません。このような動向は予測することが困難であり、また、このような動向に関する公開予測や期待事項は結果として正しくないことがあります。フォーティネットは、このような将来見通しを改正する義務を一切負うものではなく、また改正を発行することもありません。

 

フォーティネットについて

設立

2000年

NASDAQ上場

FTNT(銘柄名)

本社

カリフォルニア州サニーベール

従業員数

4,600人以上

財務経営

  • 2015年度の売上:
    10.09億ドル
  • 無借金経営

最初の製品出荷

2002年5月

出荷実績

2,650,000台以上

顧客数

280,000社以上

特許数

  • 320件以上の特許取得
  • 258件以上の特許出願

@FortinetJapanをTwitterでフォローしよう!