2014年2月27日
フォーティネットジャパン株式会社

株式会社アミューズ、WebアプリケーションファイアウォールFortiWebを導入

海外に展開するクラウドベースの基幹システムをFortiWebで防御

高性能ネットワークセキュリティの世界的リーダーである、フォーティネット(Fortinet®、NASDAQ:FTNT)は本日、総合エンターテインメント企業のパイオニアである株式会社アミューズ(以下、アミューズ)がフォーティネットのWebアプリケーションファイアウォールFortiWebを導入したことを発表しました。

アミューズは、有名アーティストを多数抱え、アーティストマネージメントやライブなどの興行、CDおよびDVDの版権事業などを主たる事業としていますが、ここ数年は、自社で運営するオンラインショップを中心としたアーティスト関連グッズの販売、Webによるファンクラブシステム、電子チケットなど、ネットビジネスからの収益も増加しています。そのため、堅牢なセキュリティ体制を構築することはアミューズにとって最重要課題であり、ウェブに公開されるシステムは全てセキュリティチェックを行うなど入念な取り組みを続けています。

多層防御の観点からWebアプリケーションファイアウォールの導入を決定

アミューズでは、外部のプライベートクラウドサービスを利用して、機密性が高い情報を多く保有した基幹システムを運用しています。これまでは社内向けに閉じた環境で運用していましたが、アジア進出に伴う拠点の新設に柔軟に対応出来るよう、インターネットアクセスを許可したことで最大限のセキュリティ施策が必要になりました。アミューズは多層的なセキュリティ対策を実施しており、脆弱性診断によって発見された脆弱性は直ちに改修しています。しかしながら、改修の漏れや将来の機能拡張などを考慮して、脆弱性をゼロにし続ける努力を続けながら、より一層のセキュリティ施策を構築するためにWebアプリケーションファイアウォールの導入を決定しました。

FortiWeb選定のポイント

アミューズの基幹システムが運用されているプライベートクラウドサービス上で稼働できるWebアプリケーションファイアウォールであること、さらに基本機能以外の付加価値を持っているという点から、いくつかの製品の中からフォーティネットのWebアプリケーションファイアウォールFortiWeb仮想アプライアンス「FortiWeb-VM」を選定しました。FortiWeb-VMは、ハードウェア ベースのFortiWebアプライアンスと同じWebアプリケーション セキュリティおよびネットワーキング サービスすべてを機能として搭載し、他ベンダーの製品にはないWeb改ざん検知機能と脆弱性スキャナー機能があること、さらに、優れたアンチウイルス機能を持っていることが選定の決め手になりました。

アミューズ IT企画部 次長の大西善雄氏は以下のように述べています。
「ネットワークセキュリティのリーディングベンダーであるフォーティネットのWebアプリケーションファイアウォールを選定するにあたり、仮想環境に導入できること、機能に優れ運用も容易であること、さらに経営層に導入効果を分かりやすく提示できるレポート機能を備えていることを評価しました。それらの機能を全て低コストで導入できことに満足しています」

FortiWebの特長

Webアプリケーションファイアウォール/XMLファイアウォールによる防御に加え、脆弱性の診断、Webページの改ざんを検知した際の自動復旧機能や、クレジットカード番号漏洩検知とブロック機能を搭載。また、クレジットカード業界における国際標準、PCI DSS 要件6.6 (Payment Card Industry Data Security Standard)にも準拠しています。ハードウェア ベースのFortiWebアプライアンスは、豊富な実績を誇るFortiASIC テクノロジーとの統合により、ハードウェアによる高速なSSL オフロード機能が提供され、数万のWebトランザクションを処理することが可能です。またFortiWeb-VMは、VMware ESX/ESXi、Citrix XenServer、Open Source XenおよびAmazon AWS プラットフォームのハイパーバイザー上で稼働する仮想アプライアンスです。中規模から大規模の企業、そしてサービスプロバイダ向けに設計されているFortiWebは、日本語化された管理画面で、導入・維持管理が容易に行えます。また、FortiGuardサブスクリプションサービスによる動的な自動セキュリティアップデートにより常に最新の状態にFortiWebを保ちます。

フォーティネットについて (www.fortinet.com)
フォーティネット(NASDAQ: FTNT)は絶えず進化を続ける脅威からネットワーク、ユーザー、データを保護しています。高性能ネットワークセキュリティの世界的リーダーとしてフォーティネットは、パフォーマンスの劣化を招くことなく、企業や政府機関がスタンドアロン型のテクノロジーを統合することを実現しています。コスト、柔軟性、パフォーマンスに優れたフォーティネットのソリューションによって、最も重要なシステムやコンテンツを保護しつつ、新しい技術を取り入れてビジネスチャンスを活かすことができます。

Copyright© 2014 Fortinet, Inc. All rights reserved. 「®」および「TM」マークはいずれも、Fortinet, Inc.とその子会社および関連会社の米国における登録商標および未登録商標であることを示します。フォーティネットの商標には、Fortinet、FortiGate、FortiGuard、FortiManager、FortiMail、FortiClient、FortiCare、FortiAnalyzer、FortiReporter、FortiOS、FortiASIC、FortiWiFi、FortiSwitch、FortiVoIP、FortiBIOS、FortiLog、FortiResponse、FortiCarrier、FortiScan、FortiDB、FortiVoice、FortiWebなどが含まれますが、これらに限定されるものではありません。その他の製品名およびサービス名等は、各社の商標である場合があります。フォーティネットは、本プレスリリース内の第三者に帰する声明、認可またはテストについては、検証を行っておらず、また、このような第三者に帰する声明を承認するものではありません。本プレスリリースは、保証または債務保証、または契約として一切拘束を受けるものではなく、記載された製品仕様または製品性能は、ある特定の環境や条件のもとで計測されていることがあります。また、本プレスリリースには、将来の見通しに関して不確実性および仮説を伴う記述が含まれている場合がありますが、本不確実性が現実になったり、あるいは本仮説が正しくないことが判明したりする場合、明文的あるいは暗黙的に記述された内容と異なる結果が生じることがあります。これには、サイバー犯罪活動の動向予測に関する記述などが含まれますが、これに限定されるものではありません。このような動向は予測することが困難であり、また、このような動向に関する公開予測や期待事項は結果として正しくないことがあります。フォーティネットは、このような将来見通しを改正する義務を一切負うものではなく、また改正を発行することもありません。

 

フォーティネットについて

設立

2000年

NASDAQ上場

FTNT(銘柄名)

本社

カリフォルニア州サニーベール

従業員数

4,200人以上

財務経営

  • 2015年度の売上:
    10.1億ドル
  • 無借金経営

最初の製品出荷

2002年5月

出荷実績

2,500,000台以上

顧客数

270,000社以上

特許数

  • 300件以上の特許取得
  • 250件以上の特許出願

@FortinetJapanをTwitterでフォローしよう!