2017年1月16日
フォーティネットジャパン株式会社

フォーティネット、CISO(最高情報セキュリティ責任者)にPhil Quadeを任命

元NSAサイバータスクフォース幹部がフォーティネットの経営陣に加わり、インフラ向けセキュリティの推進、連邦プログラムの拡大にあたる他、戦略的アドバイザーとして顧客をサポート

高性能サイバーセキュリティソリューションの世界的リーダーである、フォーティネット(Fortinet®、NASDAQ:FTNT)は本日、Phil Quade(フィル・クエイド)を最高情報セキュリティ責任者(CISO)に任命したことを発表しました。Quadeはフォーティネットの情報セキュリティ責任者として、全システムにおいて世界各地の最新の規制や標準のコンプライアンス確保を行っていきます。また、フォーティネットの連邦政府向けおよび重要インフラ事業の戦略と拡大の指揮も取っていくこととなります。さらに、フォーティネットのCレベルの企業顧客の皆様の戦略コンサルタントとして、進化するサイバーセキュリティ要件に基づいた製品開発やイノベーションに関する情報提供も行っていきます。Quadeは、フォーティネットの創業者であり、会長兼CEOであるKen Xie(ケン・ジー)の直属となります。

Quadeは、国家安全保障局(NSA)において海外、政府、重要インフラ、産業分野で30年以上の経験を有し、ホワイトハウスや議会の最高レベルでサイバーセキュリティおよびネットワーク構築を担当してきました。フォーティネットに加わる前は、NSA長官のサイバー担当特別アシスタントや、NSAサイバータスクフォースのチーフを務め、サイバー分野でホワイトハウス担当として活躍していました。また、NSA情報保障局(Information Assurance Directorate)の最高執行責任者も務め、日々の業務やサイバーセキュリティにおける戦略、企画、統合、対外関係を担当していました。Information Operations Technology CenterのAdvanced Technology Groupのトップも務め、米国上院や国家情報長官事務所の職員としても働いていました。その他、NSAではコンピューターおよびネットワークセキュリティの評価担当者、暗号解読者や、政策管理も行っていました。

フォーティネットのCISOとしての新たな役割で、Quadeは自身の幅広い経験を活かし、グローバルなインテリジェンスとパートナーシップで多様かつ複雑なサイバー戦略ソリューションの管理を行い、フォーティネットおよび世界各地のお客様が最も効果的かつ幅広いセキュリティ対策を確立していけるようにしていきます。

フォーティネットの創業者であり、会長兼CEOのKen Xie(ケン・ジー)は次のように述べています。「当社の企業顧客の皆様が現在直面しているサイバーセキュリティの課題は、脅威動向が急速に進化するなか、ますます複雑になっています。国家安全保障局で勤務した経験や国防省との連携という広範な経歴を持つPhilは、テクノロジーや脅威動向、そしてデータセキュリティに対して最も有効的なアプローチを提供するのに必要なパートナーシップに関して、すばらしい知見を提供してくれるでしょう。当社の経営陣に強力な戦力として加わったメンバーとして、今後はフォーティネットの情報技術や資産の保護に重点を置き、当社の戦略的国家プログラムの拡大を行うと同時に、信頼のおけるアドバイザーとしてCレベルの企業顧客の皆様をサポートしていく予定です」

Phil Quade(フィル・クエイド)は以下のように述べています。「テクノロジー、脅威インテリジェンス、リスク管理、パートナーシップを適切に組み合わせ、グローバルな情報や資産を保護していきたいと考えています。フォーティネットのセキュリティファブリックのビジョンは、インテリジェントかつスケーラブルな、エンドツーエンドの統合型セキュリティアーキテクチャを現在のデジタルエコノミーに提供するのに必要なものと完全に一致しています。フォーティネットの経営陣に加わり、フォーティネットのビジョンに貢献しながら、社内の情報セキュリティの取り組みを指揮し、世界のお客様の安全確保に役立つような戦略的ガイダンスやプログラムを提供していけることを嬉しく思います」

フォーティネットについて (www.fortinet.com)
フォーティネット(NASDAQ: FTNT)は、世界中の大手企業、サービスプロバイダ、そして政府機関を守っています。フォーティネットは、拡大する攻撃に対するシームレスな保護とインテリジェンスを提供し、ボーダレスなネットワークでの、増え続けるパフォーマンスの条件に応じるパワーで、現在もまた将来も、お客様に貢献します。ネットワーク上でも、アプリケーションやクラウド、またはモバイル環境であっても、妥協することなく、極めて重大なセキュリティ上の問題に対応するセキュリティを提供できるのはフォーティネットのセキュリティファブリックのアーキテクチャだけです。フォーティネットは世界で最も多くのセキュリティアプライアンスを出荷し、世界29万以上のお客様がビジネスを守るためにフォーティネット に信頼を寄せています。
フォーティネットジャパンについては、www.fortinet.co.jpをご覧ください。

Copyright© 2017 Fortinet, Inc. All rights reserved. 「®」および「TM」マークはいずれも、Fortinet, Inc.とその子会社および関連会社の米国における登録商標および未登録商標です。フォーティネットの商標には、Fortinet、FortiGate、FortiGuard、FortiManager、FortiMail、FortiClient、FortiCloud、FortiCare、FortiAnalyzer、FortiReporter、FortiOS、FortiASIC、FortiWiFi、FortiSwitch、FortiVoIP、FortiBIOS、FortiLog、FortiResponse、FortiCarrier、FortiScan、FortiAP、FortiDB、FortiVoice、FortiWebなどが含まれますが、これらに限定されるものではありません。その他の製品名およびサービス名等は、各社の商標である場合があります。フォーティネットは、本プレスリリース内の第三者に帰する声明、認可またはテストについては、検証を行っておらず、また、このような第三者に帰する声明を承認するものではありません。本プレスリリースは、保証または債務保証、または契約として一切拘束を受けるものではなく、記載された製品仕様または製品性能は、ある特定の環境や条件のもとで計測されていることがあります。また、本プレスリリースには、将来の見通しに関して不確実性および仮説を伴う記述が含まれている場合がありますが、本不確実性が現実になったり、あるいは本仮説が正しくないことが判明したりする場合、明文的あるいは暗黙的に記述された内容と異なる結果が生じることがあります。これには、サイバー犯罪活動の動向予測に関する記述などが含まれますが、これに限定されるものではありません。このような動向は予測することが困難であり、また、このような動向に関する公開予測や期待事項は結果として正しくないことがあります。フォーティネットは、このような将来見通しを改正する義務を一切負うものではなく、また改正を発行することもありません。

 

フォーティネットについて

設立

2000年

NASDAQ上場

FTNT(銘柄名)

本社

カリフォルニア州サニーベール

従業員数

4,665人以上

財務経営

  • 2016年度の売上:
    12.8億ドル
  • 無借金経営

最初の製品出荷

2002年5月

出荷実績

3,000,000台以上

顧客数

300,000社以上

特許数

  • 358件以上の特許取得
  • 292件以上の特許出願

@FortinetJapanをTwitterでフォローしよう!