2017年2月24日
フォーティネットジャパン株式会社

フォーティネットのFortiGateエンタープライズファイアウォール、米国防総省のサイバーセキュリティ最高機関から、機密ネットワークに活用できるソリューションとして承認される

FortiOS 5.4.2を搭載するFortiGateファイアウォールが厳しい連邦基準を満たし、Commercial Solutions for Classified(CSfC)に承認されコンポーネントリストに掲載

高性能サイバーセキュリティソリューションの世界的リーダーである、フォーティネット(Fortinet®、NASDAQ:FTNT)は本日、FortiGateエンタープライズファイアウォールがCommercial Solutions for Classified(CSfC)プログラムに承認され、コンポーネントリスト(英文)に掲載されたことを発表しました。コモンクライテリアのプロテクションプロファイル(PP)に照らして検証されたことで、政府や重要インフラの非常に機密性の高いデータを保護するよう設計された高性能かつスケーラブルなセキュリティソリューションを提供するフォーティネットのコミットメントが認められました。

  • 政府や重要インフラの機密データを保護するためのネットワークセキュリティソリューションを提供するフォーティネットのコミットメントが示されました。
  • FortiOS 5.4.2を搭載するFortiGateエンタープライズファイアウォールは、米国が導入する厳しいコモンクライテリアに則って、FortiGateに関連のあるNIAP(国家情報保証パートナーシップ:National Information Assurance Partnership)の3つのプロテクションプロファイル、Collaborative Protection Profile for Stateful Traffic Filter Firewalls (FWcPP) バージョン1.0、Extended Package - VPN Gateway バージョン2.0、Extended Package (EP) for Intrusion Prevention Systems (IPS) バージョン2.1に対して検証が行われました。
  • CSfCプログラムは、連邦政府の機密データを保護する多層防御ソリューションにおいて商用製品を使用できるようにするため設けられました。数年ではなく数か月のうちに配備可能なソリューションによって、商業的基準に基づいた安全な通信が可能になります。
  • フォーティネットの米国連邦政府機関向けセキュリティソリューションは、情報当局や国防総省、さらには民間機関を保護するのに理想的なソリューションです。フォーティネットのセキュリティファブリックは、閣僚級の地位を有する15の省のうち12の省、さらには、数多くの独立執行機関で活用されている機密、非機密の連邦システムの保護を行っています。これらのプラットフォームでは、連邦市場向けに構成されたUSG製品を活用しています。これらは米国標準技術局のFIPS 140-2認定、NIAPのコモンクライテリア認定、米国防総省の統合機能(Unified Capabilities)認定など、米国連邦政府の認定要件に準拠しています。

フォーティネットのCISO(最高情報セキュリティ責任者)、Phil Quade(フィル・クエイド)は次のように述べています。「米国連邦政府のお客様は、ネットワークに最高のセキュリティを備えるため、業界で最も高度な商用技術を必要としています。フォーティネットのフラッグシップ製品は、機密データを扱う環境に活用できるソリューションとして、米国防総省のサイバーセキュリティ最高機関に承認されました。これにより、フォーティネットは政府組織がセキュリティアシュアランスソリューションに求めるパフォーマンスとスケールを提供していることが実証されました」

フォーティネットについて (www.fortinet.com)
フォーティネット(NASDAQ: FTNT)は、世界中の大手企業、サービスプロバイダ、そして政府機関を守っています。フォーティネットは、拡大する攻撃に対するシームレスな保護とインテリジェンスを提供し、ボーダレスなネットワークでの、増え続けるパフォーマンスの条件に応じるパワーで、現在もまた将来も、お客様に貢献します。ネットワーク上でも、アプリケーションやクラウド、またはモバイル環境であっても、妥協することなく、極めて重大なセキュリティ上の問題に対応するセキュリティを提供できるのはフォーティネットのセキュリティファブリックのアーキテクチャだけです。フォーティネットは世界で最も多くのセキュリティアプライアンスを出荷し、世界30万以上のお客様がビジネスを守るためにフォーティネット に信頼を寄せています。
フォーティネットジャパンについては、www.fortinet.co.jpをご覧ください。

Copyright© 2017 Fortinet, Inc. All rights reserved. 「®」および「TM」マークはいずれも、Fortinet, Inc.とその子会社および関連会社の米国における登録商標および未登録商標であることを示します。フォーティネットの商標には、Fortinet、FortiGate、FortiGuard、FortiManager、FortiMail、FortiClient、FortiCare、FortiAnalyzer、FortiReporter、FortiOS、FortiASIC、FortiWiFi、FortiSwitch、FortiVoIP、FortiBIOS、FortiLog、FortiResponse、FortiCarrier、FortiScan、FortiDB、FortiVoice、FortiWebなどが含まれますが、これらに限定されるものではありません。その他の製品名およびサービス名等は、各社の商標である場合があります。フォーティネットは、本プレスリリース内の第三者に帰する声明、認可またはテストについては、検証を行っておらず、また、このような第三者に帰する声明を承認するものではありません。本プレスリリースは、保証または債務保証、または契約として一切拘束を受けるものではなく、記載された製品仕様または製品性能は、ある特定の環境や条件のもとで計測されていることがあります。また、本プレスリリースには、将来の見通しに関して不確実性および仮説を伴う記述が含まれている場合がありますが、本不確実性が現実になったり、あるいは本仮説が正しくないことが判明したりする場合、明文的あるいは暗黙的に記述された内容と異なる結果が生じることがあります。これには、サイバー犯罪活動の動向予測に関する記述などが含まれますが、これに限定されるものではありません。このような動向は予測することが困難であり、また、このような動向に関する公開予測や期待事項は結果として正しくないことがあります。フォーティネットは、このような将来見通しを改正する義務を一切負うものではなく、また改正を発行することもありません。

 

フォーティネットについて

設立

2000年

NASDAQ上場

FTNT(銘柄名)

本社

カリフォルニア州サニーベール

従業員数

4,665人以上

財務経営

  • 2016年度の売上:
    12.8億ドル
  • 無借金経営

最初の製品出荷

2002年5月

出荷実績

3,000,000台以上

顧客数

300,000社以上

特許数

  • 358件以上の特許取得
  • 292件以上の特許出願

@FortinetJapanをTwitterでフォローしよう!