2017年6月7日
フォーティネットジャパン株式会社

フォーティネット、最高クラスのエンタープライズファイアウォールソリューションを発表

世界初のテラビットファイアウォールアプライアンスFortiGate 3980Eと、シャーシ型NGFW FortiGate 7000シリーズを日本市場に投入

高性能サイバーセキュリティソリューションの世界的リーダーである、フォーティネット(Fortinet®、NASDAQ:FTNT)は本日、企業やデータセンター、サービスプロバイダーのお客様向けにフォーティネット最高クラスのエンタープライズファイアウォールを拡充する新たなソリューションを日本市場に投入することを発表しました。FortiGate 3980Eはテラビット/秒(Tbps)のファイアウォールパフォーマンスを実現する世界初のセキュリティアプライアンスであり、最大100 Gbps のNGFW スループットを提供するFortiGate 7000 シリーズは、今日もっとも高速な最先端のシャーシベースNGFWソリューションです。

どちらのエンタープライズファイアウォールもフォーティネットの高度なSPU(Security Processing Unit)を活用した比類のないパフォーマンス、エフォートレススケール、セキュリティファブリックによる優れた防御力を提供できるため、大規模企業はセキュリティ機能とネットワーク速度の低下の間で妥協をする必要がなくなりました。

FortiGate 3980Eエンタープライズファイアウォール

フォーティネットの3000シリーズ エンタープライズファイアウォールは、コンパクトなアプライアンススタイルのフォームファクタで最高のファイアウォールパフォーマンスを提供するよう設計されています。フォーティネットはFortiGate 3980Eエンタープライズファイアウォールの発売により、このエンタープライズシリーズの拡充を行いました。

  • FortiGate 3980Eエンタープライズファイアウォールは、テラビット/秒を実現する世界初のネットワークセキュリティアプライアンスです。1.12 Tbpsのファイアウォールパフォーマンスに加え、470 GbpsのセキュアなVPNスループットを提供します。
  • このパフォーマンスにより、FortiGate 3980Eはデータセンターファイアウォールとして機能し、データセンター間の相互接続性の安全性を確保することができるだけでなく、データセンター内部のセグメンテーションファイアウォールとしても使用することが可能です。
  • 設置面積や運用費を節約できるコンパクトなフォームファクタで非常に高いネットワークスループットと深いインスペクション機能を求める企業に最適です。
  • 32の個別SPUを搭載しており、セキュリティおよびネットワーク構築プロセスを加速化し、同時に熱消費量、エネルギー消費量を削減します。
  • FortiGate 3980Eには2つのGE RJ45、16の1/10 GE SFP/SFP+、10の100ギガビットQSFP28ポートを装備しており、最高密度実装と最大の柔軟性を提供します。

FortiGate 7000シリーズ エンタープライズファイアウォール

日本市場に新たに追加されたFortiGate 7000シリーズの7060Eと7040Eは、高度なエンタープライズファイアウォールソリューションであり、スループット、スケール、高度なセキュリティ機能において妥協が許されない大規模企業、データセンター、サービスプロバイダーでの配備に最適です。

  • FortiGate 7060E エンタープライズファイアウォールは、効率的なモジュール型、シャーシベースのファイアウォールとなっており、高速NGFWおよびSSLパフォーマンスを実現する最大4台のFortinet Processor Modules(FPM)と、インターフェイスの高密度実装および高帯域ネットワークを提供する最大2台のFortinet Interface Modules(FIM)をインストール可能で、配備、使用に関する特殊な要件に沿った比類ない脅威保護スループットと柔軟性を提供します。
  • FortiGate 7060Eは、100 GbpsというNGFWスループットを誇る世界最速のNGFWです。また、160 Gbpsのアプリケーション制御スループット、120 Gbpsの侵入防止スループットをそれぞれ提供します。
  • FortiGate 7040Eは、6U サイズ、4 スロットの19 インチラックマウント型シャーシシステムで、2 台のFortinet Processor Modules(FPM)および2 台のFortinet Interface Modules(FIM)をインストール可能で、50 GbpsNGFWスループット、80 Gbpsのアプリケーション制御スループット、60 Gbpsの侵入防止スループットをそれぞれ提供します。
  • FortiGate 7040E および FortiGate 7060Eは最大8つの100 GE(ギガビットイーサーネット)ポート、または16の40 GEポート、または64の10 GEポートを装備し、ネットワーク構築において優れた柔軟性を提供します。

フォーティネットの創業者であり、会長兼CEOのKen Xie(ケン・ジー)は次のように述べています。「クラウドコンピューティング、IoT、ハイパーコネクテッドなデジタルエコノミーにより、企業のITリソースに重圧がかかり、今日のセキュリティソリューションのパフォーマンスに対する需要が急速に高まっています。現在のように競争が激しく、常に進化を続ける環境において、企業は自身のネットワークのパフォーマンスやセキュリティ機能を犠牲にするわけにはいきません。ユーザーもデータも安全であるという自信を持ってお客様が自身の技術インフラを最大限生かすことができるようにするため、フォーティネットは常にイノベーションを心がけ、最高のパフォーマンスと安全性を持つソリューションを市場に提供しています」

Interop Tokyo 2017 ShowNet にFortiGate 7040Eを提供

フォーティネットジャパンでは、2017年6月7日から幕張メッセにて開催されるInterop Tokyo 2017のShowNetにFortiGate 7040E を提供し、ShowNet バックボーンから切り出された100GbEのトラフィックを取り込み、アンチウィルス・ウェブフィルタリング・IPSアプリケーションコントロール・Botnet防御の各UTM機能を用いて、ShowNet全体に多層的なセキュリティを提供します。またFortiSandboxとの連携による標的型攻撃対策、FortiAnalyzer によるトラフィックの可視化・IOCサービスを用いたより多面的な攻撃分析を行います。

Fortinet Security World 2017にてFortiGate 7060Eのライブデモを実施

業界トップクラスのNGFWパフォーマンスを誇るForttiGate 7060Eのソフトウェア・ハードウェアアーキテクチャを、ライブデモをまじえて紹介いたします。

Fortinet Japan Security World
2017年7月7日(金)10:00-17:35
会場:ザ・プリンスパークタワー東京
主催:フォーティネットジャパン株式会社

テクニカルトラック E3 (15:00-15:40)
「ついにベールを脱ぐ!?最新にして最強の次世代ファイアウォール FortiGate 7060E」
https://www.fortinet-event.jp/

提供開始時期

FortiGate 3980E(7月より提供開始予定)
FortiGate 7060E(2017年6月7日より提供開始)
FortiGate 7040E (提供中)

フォーティネットについて (www.fortinet.com)
フォーティネット(NASDAQ: FTNT)は、世界中の大手企業、サービスプロバイダ、そして政府機関を守っています。フォーティネットは、拡大する攻撃に対するシームレスな保護とインテリジェンスを提供し、ボーダレスなネットワークでの、増え続けるパフォーマンスの条件に応じるパワーで、現在もまた将来も、お客様に貢献します。ネットワーク上でも、アプリケーションやクラウド、またはモバイル環境であっても、妥協することなく、極めて重大なセキュリティ上の問題に対応するセキュリティを提供できるのはフォーティネットのセキュリティ ファブリックのアーキテクチャだけです。フォーティネットは世界で最も多くのセキュリティアプライアンスを出荷し、世界31万以上のお客様がビジネスを守るためにフォーティネット に信頼を寄せています。
フォーティネットジャパンについては、www.fortinet.co.jpをご覧ください。

Copyright© 2017 Fortinet, Inc. All rights reserved. 「®」および「™」マークはいずれも、Fortinet, Inc.とその子会社および関連会社の米国における登録商標および未登録商標であることを示します。フォーティネットの商標には、Fortinet、FortiGate、FortiGuard、FortiManager、FortiMail、FortiClient、FortiCare、FortiAnalyzer、FortiReporter、FortiOS、FortiASIC、FortiWiFi、FortiSwitch、FortiVoIP、FortiBIOS、FortiLog、FortiResponse、FortiCarrier、FortiScan、FortiDB、FortiVoice、FortiWebなどが含まれますが、これらに限定されるものではありません。その他の製品名およびサービス名等は、各社の商標である場合があります。フォーティネットは、本プレスリリース内の第三者に帰する声明、認可またはテストについては、検証を行っておらず、また、このような第三者に帰する声明を承認するものではありません。本プレスリリースは、保証または債務保証、または契約として一切拘束を受けるものではなく、記載された製品仕様または製品性能は、ある特定の環境や条件のもとで計測されていることがあります。また、本プレスリリースには、将来の見通しに関して不確実性および仮説を伴う記述が含まれている場合がありますが、本不確実性が現実になったり、あるいは本仮説が正しくないことが判明したりする場合、明文的あるいは暗黙的に記述された内容と異なる結果が生じることがあります。これには、サイバー犯罪活動の動向予測に関する記述などが含まれますが、これに限定されるものではありません。このような動向は予測することが困難であり、また、このような動向に関する公開予測や期待事項は結果として正しくないことがあります。フォーティネットは、このような将来見通しを改正する義務を一切負うものではなく、また改正を発行することもありません。

 

フォーティネットについて

設立

2000年

NASDAQ上場

FTNT(銘柄名)

本社

カリフォルニア州サニーベール

従業員数

4,800人以上

財務経営

  • 2016年度の売上:
    12.75億ドル
  • 無借金経営

最初の製品出荷

2002年5月

出荷実績

3,300,000台以上

顧客数

320,000社以上

市場での実績

セキュリティ機器市場 世界第1位
(IDC調べ。ベンダー出荷台数)

特許数

  • 395件の特許取得
  • 316件の特許出願

@FortinetJapanをTwitterでフォローしよう!