FortiClientエンドポイントセキュリティ

FortiClientは、FortiGateの統合脅威管理をネットワークのエンドポイントに拡張するオールインワンのセキュリティ ソリューションです。デスクトップ、ノートブックPC、タブレット、およびスマートフォンのあらゆるデバイス、そして、ローカル、リモート、オフィス、モバイルのあらゆる環境でFortiClient をインストールし、FortiGate と統合して運用できます。FortiClientは、無償利用が可能で、複数のプラットフォームのサポートにより企業内でのエンドポイント管理を容易にします。ユーザーおよびゲストは、セキュリティに妥協することなく、いつでもどこでも効率的に業務を遂行できます。

機能と特長

  • 最高水準の脅威防止能力 - FortiClientは第三者テスト機関による検証で常に最高評価を得ており、統合型クライアントソフトウェアとして、VPN、アンチウイルス、Webフィルタリング、二要素認証、アプリケーションファイアウォール、脆弱性スキャン、などのセキュリティ機能により、エンドポイントデバイスを強力に保護します。

  • マルチプラットフォームの保護 - 多様なモバイルデバイスが普及している現在、エンドポイントセキュリティも幅広いプラットフォームのサポートが求められます。FortiClientはWindows、Mac OS コンピュータ、そしてiOSおよびAndroidデバイスをサポートしているため、ユーザーデバイスの種類にかかわらず確実に保護します。

  • 企業利用に対応した柔軟な管理方法 - FortiClientはスタンドアロンでの無償利用の他に、FortiGateとの統合運用、FortiClient Enterprise Management Server による集中管理など、ニーズに合った管理方法を選択可能です。

  • 高度な脅威からの保護 - FortiSandboxとの連携により、FortiClientは未知の脅威を検出するためのオブジェクト送信と、分析結果および動的なシグネチャの受信が可能です。

プラットフォーム別機能対応表

  FortiClient
Windows Mac OS Android iOS
セキュリティ機能        
IPSec VPN -
SSL VPN *2
二要素認証(OTP)
アンチウイルス - -
FortiSandboxとの連携 - - -
Webフィルタリング -
WAN最適化 - - -
クライアント証明書サポート
FortiGateと連携した管理機能 *1        
集中管理 -
FortiAnalyzer/FortiManagerへの一元的なログ記録 - -
設定のプロビジョニング - *3
ポリシーの適用 -
アプリケーション・ファイアウォール - -
脆弱性スキャン - -
クライアントのローミング - -
GUIのカスタマイズ - -
カスタムインストール *4 - -
Windows AD SSO エージェント - -

*1 FortiOS5.0以降で対応、管理対象台数によってはライセンスが必要
*2 Webモードのみサポート
*3 FortiClientのプロビジョニング設定に加え、iOS .mobileconfigをサポート
*4 ライセンスが必要
上記リストには、一部プラットフォームで使用できない機能が含まれている可能性があります。特定の機能が使用可能かどうかについては、FortiClient管理者ガイドでご確認ください。

一括導入 / 集中管理

FortiClient Enterprise Management Server(EMS)

FortiClient Enterprise Management Serverを使用することで、FortiClientの一括導入、保護対象としての登録、セキュリティプロファイル更新、 クライアントステータスの監視など、エンドツーエンドの容易なエンドポイント管理が可能になります。アンチウイルス、Webセキュリティ、リ モートアクセス(IPsecおよびSSL VPN)、アプリケーションファイアウォール、脆弱性スキャン、NACの機能を一元管理できると同時に、リモー トからのAVスキャンの実行や感染したエンドポイントの隔離も可能です。

主なメリット

  • 最大50,000台のWindowsマシンを一元管理できる拡張性に優れたソリューション
  • AD環境のマシンをすべて検知し、セキュリティ機能を導入
  • Active Directoryとの統合と同期が可能
  • FortiClientインストーラを独自に作成可能
  • 単一のコンソールからの容易な導入、管理、監視が可能なシングルコンソールソリューション
  • FortiClientプロファイルの作成と導入により、容易にアンチウイルス、Webフィルタ、VPN、脆弱性スキャン、およびアプリケーションファイアウォールの設定が可能
  • FortiGateとの統合によるNACの適用
  • FortiAnalyzerを使用した一元的なログとレポート作成

FortiGateとの統合

FortiGate*で、FortiClientの設定と管理を行うことが可能です。これにより、ネッ トワーク上の新しいデバイスの検出、FortiClient登録の実行、および接続されて いるデバイスへの事前設定済FortiClientプロファイルの配備が可能になります。 FortiClientプロファイルは、ネットワーク上のデバイスおよびVPNで接続されてい るデバイスに対して適用することができます。

* FortiOS 5.0以降が必要

技術仕様

FortiClient
サポートされるオペレーティングシステム ・Microsoft Windows 10(32ビットおよび64ビット版)、Windows 8.1(32ビットおよび64ビット版)、Windows 8(32ビットおよび64ビット版)、Windows 7(32ビットおよび64ビット版)
・Windows Server 2016, Windows Server 2008 R2およびWindows Server 2012、2012 R2
・Mac OS X v.10.12 Sierra, OS X v10.11 El Capitan, OS X v10.10 Yosemite、OS X v10.9 Mavericks、およびOS X v10.8 Mountain Lion
・iOS 5.1およびそれ以降(iPhone、iPad、iPod Touch)
・Android OS 4.0.4およびそれ以降(スマートフォンおよびタブレット)
暗号化 AES 128/192/256、DES/3DES
導入オプション 手動対話型、手動非対話型、Active Directory GPO、サードパーティ製配布ツール
認証オプション RADIUS、LDAP、ローカルデータベース、xAuth、TACACS+、デジタル証明書(X509形式)、FortiToken
VPNプロトコル SSL(トンネルモード)、IPsec
WAN最適化 CIFS、FTP、HTTP、MAPI、General TCPトラフィック
接続オプション Windowsログオン前のVPN自動接続、FortiClient VPN IPSecトンネル向けのIKE Mode構成

注:すべての技術仕様はFortiClient 5.0に基づいています。

FortiClient Enterprise Management Server
サポートされるオペレーティングシステム ・Microsoft Windows Server 2012、2012 R2
・Microsoft Windows Server 2008 R2
エンドポイント要件 FortiClientバージョン5.2.4およびそれ以降、
Microsoft WindowsまたはMac OS X用のFortiClient
システム要件 ・2.0 GHz 64ビットプロセッサ、デュアルコア(または仮想CPU x 2)
・2 GB RAM
・5 GBのディスク空き容量
・ギガビット(10/100/1000 BaseT)Ethernetアダプタ
・インターネットアクセス

関連資料

FortiClientのダウンロードはこちら

 

ダウンロードセンター

FortiGate

FortiAP

@FortinetJapanをTwitterでフォローしよう!