• HOME
    • 製品情報
      • FortiDDoS - DDoS攻撃ミティゲーション(減災)...

FortiDDoS - DDoS攻撃ミティゲーション(減災)アプライアンス

FortiDDoSは、DDoS(Distributed Denial of Service)攻撃の検知と防御機能を提供するだけでなく、ネットワークのアクティビティをリアルタイムに可視化することができます。ネットワークやアプリケーション レイヤーに対するDDoS攻撃を的確に排除し、インターネットに接続している企業インフラストラクチャを脅威やサービス障害から保護します。FortiDDoSの高度なフィルタリング テクノロジーによって、お客様は「善良な」トラフィックのフローを遮断してしまうことなく、ビジネスに不可欠なオンプレミスやクラウド インフラストラクチャの万全な防御対策を実現できます。優れた拡張性とハイパフォーマンスを誇るFortiDDoSアプライアンスは、DDoS攻撃に対して信頼性の高い防御機能を提供すると同時に、既存のセキュリティ テクノロジーやネットワーク インフラストラクチャとの極めて高い相互運用性を実現しています。

機能と特長

  • 100%ビヘイビアベースの攻撃検知機能とASICベースのDDoSプロセッサを採用したFortiDDoSは、アプリケーション レイヤーへの巧妙で小規模な攻撃をはじめとするあらゆるDDoS攻撃を検知可能。
  • ハードウェア ベースのDDoS攻撃検知とミティゲーション(減災)エンジンを搭載し、50マイクロ秒未満の超低レイテンシを実現。
  • レピュテーション ペナルティのスコアによってIPアドレスの評価を繰り返す独自のシステムにより、有害なトラフィックのみを特定してブロックし、誤検知リスクを最小限に抑制。
  • ネットワークのきめ細かい可視化と制御が可能で、自動的に攻撃を検知し有害なトラフィックによる影響を緩和。
  • インラインでトランスペアレントな脅威ミティゲーション(減災)機能により、標的型攻撃、ワームの増殖、DDoS/ボットネット攻撃、送信元追跡(トラッキング)、そしてインバウンドとアウトバウンド両方の攻撃などに対して、効果的な防御対策の容易な導入展開と管理を実現。
  • FortiDDoSアプライアンスを分離/仮想化することで、マルチテナント環境の各セグメントにおいて個別のセキュリティ ポリシーを適用。
  • 帯域幅の管理機能により、サービス プロバイダは顧客やユーザー別に事前定義した値に帯域幅を制限するポリシーを維持することが可能。
  • FortiDDoS専用のFortiASIC-TP2プロセッサが、信頼性の高いハイパフォーマンスな保護を提供。
  • ヘッダーやステート情報に基づくアノマリ防止機能によって「クリーンパイプ」が提供され、ネットワーク稼働率が向上。
  • ステルス アクティビティ防止機能により、なりすましやワームの増殖を検知。
  • 一元的なアラート機能、ロールベースの管理機能、そしてセルフサービスで利用可能なポータルにより、柔軟な管理と統合を実現。

関連資料

 
 

ダウンロードセンター

FortiGate

FortiAP

FortiSwitch

@FortinetJapanをTwitterでフォローしよう!