FortiGuard不正侵入検知/防御サービス(IPS)

FortiGuard不正侵入検知/防御サービス(IPS)は、フォーティネットのお客様にネットワークレベルのステルス型脅威に対抗する最新の保護対策を提供します。カスタマイズ可能な5,100以上もの既知の脅威データベースを活用しているため、FortiGateおよびFortiWiFiアプライアンスは従来型のファイアウォールから侵入可能な高度な攻撃を防止することができます。また、ビヘイビアベースのヒューリスティックな検知機能によって、システムはシグネチャが未開発のゼロデイ攻撃の検知も可能です。既知および未知の脅威の防止対策を組み合わせることにより、有線/無線ネットワークを問わず、FortiGateシステムは企業の本社であろうと支社であろうと最も強力な攻撃をネットワークの境界で防止することができます。IPSシグネチャのアップデートは、FortiGuardのグローバルな配信ネットワーク経由で提供されます。詳しくは、FortiGuard不正侵入検知/防御サービス(英文)をご参照ください。

FortiGuardプレミアシグネチャサービスは、さらに強力な脅威分析サポートを提供します。このサービスでは、応答時間保証の優先サポートが提供されており、24時間いつでもIPSのカスタムシグネチャをリクエストすることができます。詳しくは、FortiGuardプレミアシグネチャサービス(英文)をご参照ください。

FortiGuard不正侵入検知/防御サービスのメリット

  • 自動化されたコンテンツアップデート機能により、最新の脅威に対抗する最新の防御対策が常に維持されます。
  • 5,100を超えるIPSシグネチャを備えたIPSライブラリにより、ネットワークレベルの包括的な保護対策が提供されます。
  • フォーティネットのグローバルな脅威研究チームと主要なインフラストラクチャベンダーとが緊密に連携し、最新の脆弱性を解消する保護対策を提供します。
  • ポリシーを柔軟に活用することで、もっとも要求の厳しいセキュリティアプリケーションに適合する完全な制御が可能になります。
  • プッシュおよびプルの両方でアップデートを実行できるため、最短時間でのセキュリティアップデートが実現します。
  • ユーザー数による費用が発生しないデバイスベースのライセンス体系でサービスが提供されるため、導入時および運用時の維持コストを大幅に抑制することができます。
 
 

ダウンロードセンター

FortiGate

FortiAP

FortiSwitch

@FortinetJapanをTwitterでフォローしよう!