FortiSandbox - 高度な脅威保護(ATP)を実現

FortiSandboxは、フォーティネットの高度な革新的脅威保護ソリューションにおいて重要な役割を担っています。NSS Labs推奨のFortiSandboxは、従来の防御対策を回避可能な巧妙な攻撃を検知・分析するようにデザインされています。FortiSandboxは、侵害検知の有効性に関するNSS Labs独自の検証において99%の優れたパフォーマンスを達成するとともに、フォーティネット独自の多層型サンドボックスによる分析アプローチによって、ほとんどの脅威をわずか1分以内で検知できることが実証されています。

FortiGuardの強力なセキュリティで保護されたFortiSandboxは、あらゆるプロトコルの検証と豊富な機能の提供を1台のアプライアンスで実現します。FortiGateFortiMail、そしてFortiGuardなど、既存のフォーティネットのインフラストラクチャと統合が可能で、脅威に対する保護や情報の取得を自動実行し、お客様の保護対策を総合的に改善するセキュリティのエコシステムを強化します。FortiSandboxは、持続的標的型攻撃に対して効果の高い保護対策をお求めやすい価格で提供するとともに、シンプルで柔軟な展開と管理を実現します。セキュリティ保護された仮想環境でファイルを分析し、未知の脅威の特定と攻撃のライフサイクル全体の掌握を可能にする最先端のサンドボックス機能により、すでに導入済の防御対策を補完して完全なセキュリティを実現します。

機能と特長

  • 高度な脅威に対する保護: ネットワーク上、Eメール内、URL内、ネットワーク内のファイル共有領域のファイルスキャン、オンデマンドのファイルスキャンを実行します。巧妙なEメールによる脅威、WindowsやOfficeにおける脅威、zipによる脅威、モバイル環境の脅威などの多様な脅威に対する保護機能を提供します。
  • あらゆるビジネスオペレーション環境を網羅する検証:コードエミュレーションにより、意図された動作をビジネスオペレーション環境から独立して検査・実行し、より広範囲のセキュリティに対応します。
  • 属性ではなく、動作を検証: セキュアな仮想ランタイム環境(「サンドボックス」)でオブジェクトを実行し、システムの変更、セキュリティの弱点を突く攻撃、サイトへのアクセス、後続のダウンロード、ボットネット通信などの動作を分析して、巧妙な脅威を顕在化させます。
  • 高速処理を実現するプレフィルタ: フォーティネットのプロアクティブなマルウェア対策(VB100 RAPテストで常にトップレベルの実績)および拡張データベース、さらに特許取得済の優れた脅威情報技術を活用し、完全な「サンドボックス化」に時間や労力を割くことなく高度な脅威の大部分を検知します。
  • 詳細な脅威情報を提供:脅威のライフサイクル全体に関する情報を明らかにして、保護対策の迅速な修正を可能にします。FortiGuard Labsとの脅威情報の共有を許可することでセキュリティアップデートが自動的に提供され、お客様の環境のフォーティネットのセキュリティエコシステム全体のセキュリティが強化されます。
  • 正式ライセンスに基づくマイクロソフト製コンポーネントの活用: FortiSandboxには、Microsoft Windows、Internet ExplorerおよびOfficeのEmbeddedライセンスが付属しており、他のサンドボックスソリューションと異なり仮想環境でのマイクロソフト製コンポーネントの利用が正式承認されています。

動画ガイド

  • FortiSandbox導入・設定ガイド

製品ラインナップ

  • FortiSandbox - 高度な脅威保護アプライアンスとサービス

    脅威保護アプライアンスは、従来の防御対策を回避可能な巧妙な攻撃を特定する...

    詳細情報
 
 

ダウンロードセンター

FortiGate

FortiAP

FortiSwitch

FortiToken

@FortinetJapanをTwitterでフォローしよう!