業界動向ニュース

フォーティネットはNSS Labsの2017年BDS(ブリーチ検知システム)グループテストに参加し、2017年後半に発表した最新アプライアンスであるFortiSandbox 2000Eで「Recommended(推奨)」評価を獲得しました。FortiSandbox 2000Eは、中規模から大規模の企業の要件に対応するよう設計された最新のサンドボックスソリューションです。

記事を読む

食品業界最大手のある企業は、自社の大規模な分散型ネットワークを接続する効率的な方法を模索していました。同社は、Microsoft Azureとフォーティネット製品を使ってそれを実現することを決断し、週末の半日でAzureへの移行を成功させました。何の問題もダウンタイムも発生することなく、移行が完了したのです。

記事を読む

ITチームが解決しなければならない問題は多く存在しますが、その中でも、サイバー犯罪者の一歩先を行くことは最大の課題の一つといえるでしょう。もちろん、デジタル社会が常に変化し、潜在的な攻撃対象領域が継続的に拡大していることで、この問題はさらに複雑化しています。また、サイバー犯罪者も常に攻撃方法を巧妙化して、セキュリティソリューションを回避し、検知を逃れようとしています。

記事を読む

フォーティネットとIBMの両社共同発表内容により、セキュリティゲートウェイ、侵入防止、Webアプリケーションセキュリティなどの仮想ファイアウォール機能を豊富に備えるFortiGate仮想アプライアンスがIBM Cloud for VMware Solutionsに組み込まれ、IBM Cloudのポータルを通じて第4四半期からご利用可能になります。

記事を読む

フォーティネットは現在、世界的に拡散している新たなランサムウェア「Petya」の亜種を調査中です。このランサムウェアはエネルギー、銀行、交通システムなどの重要インフラをはじめ、幅広い業界や組織に影響を及ぼしています。

記事を読む

世界中で広く利用され、業界を代表するとされるOSが少数に限られることは幸運だったといえます。OSの選択肢が何百も存在し、どのOSも攻撃の原因になる可能性があるとすれば、インターネットセキュリティエンジニアの仕事がどれほど大変か想像できるはずです。残念ながら、IoTのOSが益々多様化しているという今日の問題が解決されない限り、インターネットセキュリティに関するこのような懸念がそう遠くない将来に現実となってしまうでしょう。

記事を読む

サイバーインテリジェンスの共有を成功させるには、第1に組織間の信頼関係を構築し、第2に情報の収集および交換と情報に基づく対応のプロセスを迅速化することが必要です。

記事を読む

この1年のサイバー脅威の変遷を振り返ることで、いくつかのトレンドが明らかになります。これらのトレンドをガイドラインとして、2017年のサイバー脅威環境の変化およびデジタルエコノミーに対する潜在的影響について、以下に6つの予想を紹介します。

記事を読む

どの領域でも、犯罪者は予測不可能な側面を持っていることは、よく知られています。犯罪者は、システムの欠陥や脆弱性を探して自らの利益となるように利用しようとします。したがって、セキュリティシステムの設計では、攻撃が予測不可能であることを前提としている必要があります。BlackNurse DDoS攻撃は、新しく登場してきた脅威の1つです。

記事を読む

前回の記事では、攻撃者の手法を理解した上でよりインテリジェントな防御体制を構築できるよう、攻撃チェーンの各段階で実行可能な高度な防御策について説明しました。連載最終回となる今回は攻撃の各段階をさらに掘り下げ、サイバー防御の詳細を解説していきます。

記事を読む

前回の記事では、攻撃者がどのような方法でデータを盗み出したり混乱を生じさせたりしているのかを理解できるよう、さまざまな種類の攻撃者の概要、および複合型攻撃チェーンについて説明しました。また、攻撃チェーンには偵察、武器化、配送、攻撃、遠隔制御、内部偵察、存在維持の7段階があることもお話ししました。今回は、こうした情報を活用する方法、また攻撃チェーンの各段階で最近の戦術に対応できる防御体制を確立する方法について考えます。

記事を読む

今日の通信事業者にとっては、企業および一般消費者向けに新たな(そして収益の大きい)ネットワークサービスを提供する機会が次々に生まれているように思われます。モノのインターネット(IoT)の拡大だけを見ても、非常に多くのビジネスチャンスを秘めています。しかし、巧妙なセキュリティ脅威も増加しており、通信事業者はリスクに直面することにもなります。そこで、フォーティネットのRichard Orgiasが業界の現状について見解を述べます。

記事を読む

サイバーセキュリティという点で、医療業界は脆弱な状態にあります。医療機関はプライバシーやデータセキュリティに関して相当な規制に直面しています。そして、ハッカーたちが得るものも多くなっています。最近の統計では、闇市場での医療記録の価値はクレジットカード情報の10倍にものぼると言われています。Identity Theft Resource Center(なりすまし詐欺情報センター)から出ている統計も、驚くようなものばかりです。

記事を読む

今回のブログは、外的脅威に対するインテリジェンスについて、また、ユーザや企業に危害を加えようとする個人とグループについてより詳しく説明していく連載(全3回)の第1回です。

記事を読む