標的型攻撃対策ソリューション

未知のウイルスもサンドボックスで検知・ブロック

巧妙化する標的型攻撃、増大する脅威。日々、新たに生まれるウイルスに対抗する為に、ウイルスを仮想環境で実行し、挙動を監視するサンドボックス技術を採用する事業者・自治体が増えてきました。その一方、サンドボックス製品にはそれぞれ特徴があり、管理者が求める最適の製品を選択することが重要です。フォーティネットのサンドボックスFortiSandboxはFortiGate、およびFortiMailと連携することで、あらゆる事業者・自治体に最適のソリューションを提供します。

課題

  • 標的型攻撃対策を行いたい
  • 未知のウイルスを検知・ブロックしたい

対象

  • 全事業者
  • 全自治体

解決策

  • 既存のFortiGateと連携して、FortiSandboxを導入
  • FortiMailとFortiSandboxを連携して、未知のウイルスをブロック

フォーティネットの優位性

  • 強固なセキュリティ機能
  • 高いパフォーマンス
  • 管理者の負担の少ない運用

FortiSandboxをFortiGateと連携し未知のウイルスを検知

メール添付、およびWebをFortiGateで検査し、疑わしいファイルだけをFortiSandboxに送付。仮想環境で実行し、挙動を監視することで未知のウイルスを検知します。

ATP

FortiMailとの連携で、未知のウイルスをブロック

メールセキュリティに特化したFortiMail統合セキュアメール・アプライアンスとFortiSandboxを連携することで、メールに添付されたウイルスをブロック。未知のウイルスも入口でブロックすることで、ウイルスのネットワークへの侵入を防ぎ、管理者の運用負荷を低減します。

ATP

FortiSandbox 未知の脅威に対抗する多層型サンドボックス

FortiSandboxは、プロアクティブな脅威検出と対策機能を提供するとともに、脅威の本質を把握することで実効性の高い対策を可能にする、堅牢で導入の容易な統合ソリューションです。FortiSandboxを導入することで、脅威対策における長年の実績に裏付けられたフォーティネットの専門知識を企業の現場で包括的に活用可能となります。

製品名 FortiSandbox-
1000D
FortiSandbox-
3000D
FortiSandbox-
VM
形状 2 RU 2 RU
VM数 8 28 2~52
 

ダウンロードセンター

FortiGate

FortiAP

FortiSwitch

@FortinetJapanをTwitterでフォローしよう!