教育情報セキュリティソリューション

全国の教育委員会は文部科学省の「教育情報セキュリティポリシーに関するガイドライン(案)」に即した
教育情報システム全体の強靭性の向上を求められています。

  • 学校が保有する機微情報に対するセキュリティ強化
    • 児童生徒によるアクセスリスクからの回避
    • インターネットリスクからの分断
  • 学校単位で機微情報を管理するリスクの低減
    • 機微情報を保管する校務系サーバの教育委員会による一元管理
    • 学校のインターネット接続環境のセンター集約

特長

  • 脅威の侵入を排除するためのネットワーク分離
    • 「校務系システム」と「校務外部接続系システム」とを分離し、インターネットからの攻撃リスクを排除
    • 「学習系システム」から「校務系システム」への不正アクセスを回避
    • 二要素認証(ワンタイムパスワード)で管理者や教職員に対する認証を強化
  • システム自動連携による標的型攻撃対策
    • インターネットメールや公開Webページを介した攻撃の排除
    • サンドボックスとの連携で不正メールが教職員に届く前にブロック
  • 不正アクセスを防ぐ高度なセキュア無線LAN
    • 教室や校内でのタブレット利用をセキュアに実現
    • 分散設置するアクセスポイントをFortiGateで集中管理

構成

ネットワーク分離/二要素認証

ネットワーク分離/二要素認証 イメージ

標的型攻撃対策

標的型攻撃対策 イメージ

セキュア無線LAN

セキュア無線LAN イメージ

関連資料

 
 

ダウンロードセンター

FortiGate

FortiAP

@FortinetJapanをTwitterでフォローしよう!