パブリッククラウド向け
セキュリティソリューション

クラウドコンピューティングは、アプリケーション、ストレージ、データ向けに柔軟で伸縮性の高いインフラを提供し、世界中でビジネスの手法に変革をもたらしています。パブリッククラウドにおいて、インフラはAmazon Web Services(AWS)やMicrosoft Azureなどのクラウドプロバイダーにオフロードされますが、クラウド環境のセキュリティに対する責任はクラウドサービスプロバイダー(CSP)と利用者であるエンタープライズのテナントが共有して担うようになっています。フォーティネットは、このようなパブリッククラウドにおけるプライバシーと機密性を担保するワークロードの保護を実現するだけでなく、拡張性、計測性、そしてサービスの市場展開に要する時間の短縮といったクラウドのメリットの有効活用を可能にします。

フォーティネットのパブリッククラウド向けソリューションの主な特長

  • AWS、AzureおよびOpenStackベースの先進クラウドプラットフォームをサポート
  • クラウド環境に最適なマルチテナントおよび仮想UTM(VDOM)をサポートし、ネットワークのセグメント化に対応
  • 大規模環境に対応する管理インタフェース - クラウド向けの自動化およびオーケストレーションに対応するAPIを提供
  • 柔軟な課金およびライセンス体系により、トップクラスのスケールメリットを実現

Amazon Web Services

フォーティネットのソリューションは、可用性に優れた先進のネットワークファイアウォール、セグメント化機能、オンプレミスおよびクラウド環境を網羅する暗号機能を提供し、複数のAvailability Zones(アベイラビリティゾーン:AZ)におけるAmazon Virtual Private Cloud(仮想プライベートクラウド:VPC)をオンデマンドで保護します。フォーティネットのソリューションによって、ISP、URLフィルタリング、アンチウイルス、アプリケーション/データに対する脅威防止機能が提供され、「クラウドバースト(プライベートからパブリックへのクラウドマイグレーション)」の安全性が強化されます。これにより、トップクラスのクラウドセキュリティが実現するとともに、柔軟なBYOL(Bring-Your-Own-License)、測定/課金オプションによるスケールメリットがもたらされます。

Microsoft Azure

フォーティネットは、Microsoft Azure上のアプリケーションとデータに最適なセキュリティを提供し、 クラウドへのマイグレーションの際に余分なコストの発生を回避します。フォーティネットのFortiGate次世代ファイアウォールは、Microsoft Azure Resource Manager(ARM)専用のテンプレートを作成することでお使いのFortiGate向けにすべてのリソースの展開とプロビジョニングが可能となるため、一度の協調的操作で包括的なNGFWのセキュリティ機能を活用できます。

Open Stackベースのクラウド

OpenStackは、ハイパーバイザーが混在するIT環境を運用可能にする唯一のソリューションで、プロプライエタリーなテクノロジーの代わりとなる優れた機能をわずかなコストで活用できます。今日のパブリッククラウドコンピューティングのサービスは、このOpenStackプロジェクトを利用して提供されています。このプラットフォームは、拡張性とコスト効率が極めて優れており、大規模でパフォーマンス集約型のワークロードの要件に即座に応えるデザインがなされています。フォーティネットは、Xen、KVM、VMware ESXi、Microsoft Hyper-VをはじめとするOpenStackハイパーバイザーの演算処理用ドライバーをサポートし、OpenStackベースのパブリッククラウドサービスにおいて優れたパフォーマンス、信頼性、そしてセキュリティをお客様に提供いたします。

フォーティネット セキュリティ ファブリックを導入しエンドツーエンドの保護を実現

フォーティネットは、真のエンドツーエンドの保護を可能にする統合セキュリティ ファブリックとして連携するようにデザインされた、ネットワーク、エンドポイント、アプリケーション、データセンター、クラウドそしてアクセスをすべて網羅し、保護するセキュリティソリューションを提供する唯一の企業です。クラウド環境専用のフォーティネットセキュリティソリューションは、主要なフォーティネット製品との連携による幅広いクラウド展開に対応するだけでなく、一元管理、オープンAPIによる統合、利用量の計測、クラウドプラットフォームのオーケストレーション、そして自動化を実現します。クラウド環境でマルウェアがFortiGateファイアウォールによって検出されると、セキュリティ ファブリックは接続されている他のセキュリティインフラと動的に脅威インテリジェンスを共有します。これにより、クラウド環境における複数の接点や重複するポリシーの必要性が抑制されると同時に、多層型セキュリティの境界を越える確実なガバナンスが可能になります。

 
 

ダウンロードセンター

FortiGate

FortiAP

@FortinetJapanをTwitterでフォローしよう!