Fortinet技術者認定プログラム(NSE)

NSE(Network Security Expert)は、フォーティネットのお客様とパートナーを対象とした、フォーティネット製品を最大限に活用できるようになるためのトレーニングプログラムです。認定資格を取得してセキュリティプロフェッショナルとしての専門知識を示すことができます。NSEは8つのレベルで構成されており、NSE2とNSE3についてはフォーティネットパートナーのみ受講いただけるコースとなります。

NSEの各レベルの目的は以下となっております。各コース名をクリックいただくと、コースごとの詳細情報(英語)をご確認いただけます。

レベル 目的
NSE1 ネットワークセキュリティのコンセプトに関する基本知識を身に付ける。
NSE2 セキュリティの脅威に対するソリューションに関する知識を身に付ける。
NSE3 フォーティネットの製品を販売するための知識とスキルを身に付ける。
NSE4 FortiGateのコンフィギュレーションと管理を行うための知識とスキルを身に付ける。
NSE5 ネットワークセキュリティの管理と分析を行うための知識とスキルを身に付ける。
NSE6 ファイアウォールを超える専門的なセキュリティテクノロジーについて理解する。
NSE7 エンタープライズファイアウォールとしての導入やトラブルシューティングを理解する。
NSE8 ライブ環境における包括的なネットワークセキュリティソリューションの構築、コンフィギュレーション、インストール、トラブルシューティング能力を示す。

NSE認定資格試験

ピアソン試験概要

レベル 試験時間 試験問題数 合格基準 受験料 日本語対応状況
NSE4 120分 60問 60% USD 400 日本語版有り
NSE5 100分 50問 70% USD 400 日本語版有り
NSE6 *1 30分 15問 70% USD 150 日本語版有り(一部科目)
NSE7 *2 60分 30問 70% USD 400 日本語版有り
NSE8 90分 65問 非公開 USD 400 英語版のみ
NSE8 LAB 2日 48タスク 非公開 USD 1600 英語版のみ

*1 異なる4つの試験に合格することで、NSE6として認定されます。

*2 NSE7_EFW試験のみ日本語化されています。

※NSE1からNSE3にピアソンVUE試験はありません。

※NSE8はコンピュータベース試験(CBT)とLABから構成されています。LAB受験にはCBTの合格が要件となります。

試験申し込み方法

ピアソンVUE社に直接お申込みください。

※詳細はピアソンVUE社のフォーティネット認定試験ページにてご確認ください。

NSEトレーニング

日本語コース案内

日本人講師によるトレーニングです。使用する教材も日本語化されています。コース名をクリックすると、コースの詳細情報(ブローシャ)を入手できます。

型名(SKU) コース名 日数
FT-FGT1 FortiGate1 2日間
FT-FGT2 FortiGate2 3日間
FT-FAZ FortiAnalyzer 1日間

※NSE4取得にはFortiGate1とFortiGate2の計5日間の受講を推奨します。

日本語コース受講までの流れ

日本語コース受講までの流れ

開催日程

お申込みはトレーニング開催の30日前までにお願いたします。コースの最小開催人数に満たない場合は、開催をキャンセルさせていただく場合がございます。

(2017年10月現在の予定)

コース名 日程 開催地
FortiGate1 12月4日 〜 5日 六本木
FortiGate2 12月6日 〜 8日 六本木
FortiAnalyzer 12月15日 六本木

※上記開催日程以外での開催をご希望の場合は、販売パートナー様までご連絡ください。

 

フォーティネットについて

設立

2000年

NASDAQ上場

FTNT(銘柄名)

本社

カリフォルニア州サニーベール

従業員数

4,800人以上

財務経営

  • 2016年度の売上:
    12.75億ドル
  • 無借金経営

最初の製品出荷

2002年5月

出荷実績

3,300,000台以上

顧客数

320,000社以上

市場での実績

セキュリティ機器市場 世界第1位
(IDC調べ。ベンダー出荷台数)

特許数

  • 395件の特許取得
  • 316件の特許出願

@FortinetJapanをTwitterでフォローしよう!