認定資格 - NSE

フォーティネット認定ネットワーク セキュリティ エキスパート プログラム(NSE)は、ネットワークセキュリティに関するスキルの維持向上に関心の高いテクニカルプロフェッショナルの方々を対象とする認定資格です。このプログラムは、広範な自習型のトレーニングやインストラクターによるトレーニングコース及び複雑なネットワークセキュリティのコンセプトを理解するのに役立つ実践的なエクセサイズによって成り立っています。

このプログラムはフォーティネットのパートナーやお客様を対象としており、トレーニングを受講いただくことでフォーティネットのネットワークセキュリティプラットフォームの能力を最大限に活用いただくことができるようになるとともに、認定資格を取得いただくことでセキュリティプロフェッショナルとして専門知識を有していることを示すことができます。NSEは8つのレベルで構成されており、NSE 2とNSE 3についてはフォーティネットパートナーのみ受講いただけるコースとなっています。

※NSE-4認定試験の言語は日本語か英語となります。その他のNSEトレーニング及び認定試験は、英語によるご提供となります。(2016年4月現在)

NSEの各レベルの目的は以下となっております。各コース名をクリックいただくと、コースごとのトレーニング受講方法や認定試験受験方法等の詳細情報(英語)をご確認いただけます。

レベル コース名 目的
NSE 1 Network Security Technology Foundations ネットワークセキュリティ コンセプトに対する基本的な知識をつける。 
NSE 2 Network Security Solutions フォーティネットのゲートウェイ ソリューションを販売するための知識とスキルを身に付ける。
NSE 3 Advanced Network Security Solutions Design フォーティネットのアドバンスド セキュリティ ソリューションを販売するための知識とスキルを身に付ける。
NSE 4 FortiGate UTMアプライアンスのコンフィギュレーションと管理を行うための知識とスキルを身に付ける。
NSE 5 ネットワークセキュリティの管理と分析の仕組みをどのように導入するべきかを理解する。
NSE 6 以下より4コースを選択: ファイヤーウォールを超えるアドバンスドセキュリティテクノロジーについて理解する。
NSE 7 内部セキュリティ問題のトラブルシューティング能力を示す。
NSE 8 トレーニングコースなし。設定には実務経験が必要。 ライブ環境における包括的なネットワークセキュリティソリューションの構築、コンフィギュレーション、インストール、トラブルシューティング能力を示す。

認定資格試験 申し込み方法

ピアソンVUE社に直接お申込みください。

※詳細はピアソンVUE社のフォーティネット認定試験ページにてご確認ください。

ピアソンVUEについて

ピアソンVUE logo

ピアソンVUEは、政府機関、IT、教育機関、および企業向けに、コンピューターを利用した専門性の高い試験を行うグローバルなリーディングカンパニー。ピアソンVUEは、世界最大のコンピュータベースの試験プログラムを運用しており、テストの向上からデータ管理に至るまでのトータルなサービスを提供しており、165カ国における世界最大級のテストセンターネットワークを通じて、試験を実施しております。ピアソンVUEは、ニューヨーク証券取引所とロンドン証券取引所に上場するピアソンの一事業部門。ピアソンは、国際的なメディア企業であり、ファイナンシャルタイムス社、エコノミスト社、ピアソン・エデュケーション、ペンギンブックスなどを傘下に持っております。ピアソンVUEの情報は、http://www.pearsonvue.co.jp/ にてご覧いただけます。

 

フォーティネットについて

設立

2000年

NASDAQ上場

FTNT(銘柄名)

本社

カリフォルニア州サニーベール

従業員数

4,650人以上

財務経営

  • 2015年度の売上:
    10.09億ドル
  • 無借金経営

最初の製品出荷

2002年5月

出荷実績

2,800,000台以上

顧客数

290,000社以上

特許数

  • 343件以上の特許取得
  • 280件以上の特許出願

@FortinetJapanをTwitterでフォローしよう!