Webフィルタリングサービス

FortiGuard Webフィルタリング サービスは、教育機関、行政機関、そしてあらゆる規模の企業にWeb URLフィルタリング機能を提供するサービスです。このサービスを通じて、FortiGate/FortiWifiアプライアンス、およびFortiClientエンドポイント セキュリティ エージェントは、フィッシング/ファーミング攻撃、スパイウェアなどのマルウェア、あるいは法的責任が発生しうる好ましくないコンテンツを含んでいる恐れのある有害で不適切かつ危険なWebサイトへのアクセスをブロックすることが可能になります。

FortiGuard Webフィルタリング サービスは、マルウェア、攻撃コード、スパムメール配信などを行っているWebサイトやサーバを、ドメイン(URL)とIPレベルの両方で調査を行っています。自動リサーチ ツールとターゲットが絞られたリサーチ分析を基にした自動更新機能により、79*種類のWebコンテンツ カテゴリーと1億2300万*を超える評価済みWebサイトが登録され、きめ細かいWebアクセスをポリシーを適用できます。また、URL/IP レーティングと情報検索で、Webサイトの情報と過去のイベントを調べることができます。

* 2012年2月現在

  • URL/IP レーティングと情報検索(英語)
    URLを入力すると、カテゴリとヒストリを、IPアドレスを入力すると詳細情報を確認できます。検索結果に表示されたカテゴリが適切でないと思われる場合、希望するカテゴリを申請できます。審査結果はおおむね24時間以内に反映されます。

Webコンテンツのカテゴリ分類基準

FortiGuard URLデータベースのカテゴリ分類は、Webコンテンツが閲覧に適しているかどうかで決まります。対象としているのは主要な3つのお客様のグループである企業、教育機関、一般家庭です。また、カテゴリはWebアクセス管理に関する要件も考慮に入れ、管理しやすいように選定され作成されています。

6つの大分類と79種類のカテゴリ

違法性・犯罪性の高いサイト ドラッグ (薬物乱用)、ハッキング・不正アクセス、違法・非倫理的、人種差別(人種主義と差別)、Explicit Violence、軍事・テロと過激論者(過激派グループ)、プロキシサーバ回避、文章の無断盗用、児童虐待
アダルトサイト カルト・オカルト、中絶、成人向けサイト、市民運動団体、ギャンブル、ヌード、ポルノ、出会い、武器(販売)、大麻(マリファナ)、性教育、アルコール、タバコ、下着・水着、スポーツハンティング(狩猟)・戦争ゲーム
帯域を消費しやすいサイト フリーウェア・ソフトウェアダウンロード、ファイル共有・ファイルストレージ、ストリーミングメディア、P2Pファイル共有、インターネットラジオ/テレビ、インターネット電話(IP電話)
セキュリティ上問題のあるサイト スパイウェア・マルウェア、フィッシング(詐欺)、スパムURL
一般的な趣味・関心 広告、オンラインブローカー・取引(仲買業)、ゲーム、ウェブメール、芸術とエンターテイメント、文化、教育、健康と医療、求人情報、薬剤・サプリメント、ニュースとメディア、ソーシャル・ネットワーキング、政治団体、リファレンスサイト(辞書サービス等)、宗教、ショッピング・オークション、社会・ライフスタイル、スポーツ、旅行、乗り物(自家用)、ダイナミックコンテンツ、無意味なコンテンツ、民間伝承、ウェブチャット、インスタントメッセージング、ニュースグループ・伝言板、電子ポストカード、児童教育、不動産、レストラン・料理、個人サイト・ブログ、コンテンツサーバ、ドメインパーキング、個人情報
ビジネス 金融・銀行業、サーチエンジン・ポータルサイト、一般的な組織、ビジネス、情報・コンピュータセキュリティ、政府機関と司法組織、IT、軍事機関(軍隊)、ウェブホスティング、安全なWebサイト、ウェブベースのアプリケーション
未分類 未分類
 

フォーティネットについて

設立

2000年

NASDAQ上場

FTNT(銘柄名)

本社

カリフォルニア州サニーベール

従業員数

4,650人以上

財務経営

  • 2015年度の売上:
    10.09億ドル
  • 無借金経営

最初の製品出荷

2002年5月

出荷実績

2,800,000台以上

顧客数

290,000社以上

特許数

  • 343件以上の特許取得
  • 280件以上の特許出願

@FortinetJapanをTwitterでフォローしよう!