threat-research

FunkyBot: 日本を狙う新しいAndroidマルウェアファミリー

FortiGuard Labsは昨年、日本人ユーザーを標的とするマルウェア攻撃を発見しました。この攻撃は、ある物流企業になりすまし、FakeSpyと呼ばれるAndroidマルウェアを展開していました。

Dario Durando

threat-research

フォーティネットの2019年第2四半期版脅威レポートで、前年からの脅威環境の変化が明らかに

このほどフォーティネットは、2019年第2四半期版脅威レポートを発表しました。四半期毎にフォーティネットが発表している本レポートは、脅威のトレンドやサイバー犯罪者の行動に関する重要かつ実用的なインテリジェンスを提供し、進化し続ける脅威への対策と保護に取り組む組織を支援することを目的にしています。

Fortinet

threat-research

Gamaredon Groupに関するTTPプロファイル分析

FortiGuard Labsは先日、ウクライナの法執行機関や政府機関を標的としている可能性がある、Gamaredon Groupによる新たな攻撃活動を発見しました。

business-and-technology

フォーティネット セキュリティ ファブリックがNSS Labsの2019年のブリーチ防御システムシステム(BPS)テストで「Recommendation(推奨)」を獲得

先頃NSS Labsは、ブリーチ防御システム(BPS:Breach Prevention System)テストの方法を変更していましたが、2019年8月に最新の2019年BPSグループテスト結果が発表されました。

Fortinet

threat-research

認証をバイパスする中国人を狙った巧妙なトロイの木馬

FortiGuard Labsは、WinRARファイル(cve-2018-20250)およびRTFファイル(cve-2017-11882)に存在する既知の脆弱性を悪用して通常の認証をバイパスするマルウェアにより、中国語を使うユーザーを標的にした新たな攻撃を発見しました。

Yueh-Ting Chen

threat-research

内部関係者を狙う新たな攻撃「Zegost」の内側に迫る

FortiGuard SEグループは、最近確認されている情報窃盗マルウェア「Zegost」(別名「Zusy/Kris」)が含まれるスピアフィッシングメール攻撃を発見しました。

FortiGuard SEチーム

business-and-technology

フォーティネット、NSS Labsの2019年版NGFWグループテストにおいて6年連続で「Recommended(推奨)」評価を獲得

IoTやBYODの増加により、ネットワークが拡大し続けています。さらに、企業のハイブリッド型ITアーキテクチャで複数のクラウドが採用されると、ネットワークはさらに複雑になります。