2020年

threat-research

FortiGuard Labsの脅威レポートを活用した、進化するサイバー犯罪への対策

最新のフォーティネット脅威レポートは、すべてのセキュリティ専門家必読の、進化する脅威環境に関する実用的なインテリジェンスを提供します。レポートが提示するこれらの情報と分析結果を実践することで、組織は特定の脅威だけでなく、進化する脅威環境から防御する態勢を強化できます。

FortiGuard Labs

threat-research

CVE-2020-0796 Windows 10 SMB Serverにおけるメモリ破損の脆弱性

マイクロソフトはこのほど、Windows 10に影響するSMB Serverの重大な脆弱性であるCVE-2020-0796のパッチをリリースしました。この脆弱性では、不正な攻撃者が悪用してメモリを破損させ、リモートから任意コードを実行する可能性があります。

Yijie Wang

threat-research

過熱する新型コロナウイルス(COVID-19)報道を悪用した攻撃の増加

2020年第1四半期、24時間のニュースサイクルでは世界中のほとんどを新型コロナウイルス(COVID-19)の感染に関するニュースが占めています。世界の政府首脳、科学者、医療専門家が、これは単なる流行ではなく、パンデミック危機になる可能性があることを示唆しています。

business-and-technology

フォーティネット、新製品「FortiGate 1800F」アプライアンスと「NP7」ネットワークプロセッサを発表

驚異的な速度で進むデジタル変革によって、データ、リッチストリーミングメディア、ビジネスクリティカルアプリケーションへの組織や個人によるアクセスが大きく変化しています。個々のデバイス、ネットワーク、支社、複数のクラウドの動的な接続も可能になり、データセンターに求められる圧倒的な速度やスケーラビリティも提供できるようになりつつあります。

Fortinet

threat-research

CISAが複数の政府機関と共同作成したHIDDEN COBRAに関するマルウェア分析レポートを発表

米国の国土安全保障省国家保護・プログラム総局(CISA)は本日、国土安全保障省(DHS)、連邦捜査局(FBI)、および国防総省(DOD)と共同で作成した、北朝鮮政府が関与しているとされる悪意あるサイバー活動(別名:HIDDEN COBRA / LAZARUS)に関する複数のマルウェア分析レポート(MARレポート)を発表しました。

Val Saengphaibul

threat-research

Microsoftが公開した2020年1月のセキュリティ更新プログラムでCVE-2020-0601を解決する

Microsoftの2020年1月のセキュリティ更新プログラム(通称「Patch Tuesday」)が、1月14日に公開されました。

FortiGuard SEチーム

threat-research

Predator the Thief:最新バージョンの分析

FortiGuard Labsは、Predator the Thiefという名前で知られているマルウェアの最新バージョン3.3.4の監視を続けてきました。

Yueh-Ting Chen

threat-research

DeathRansomパート 2:背後にいる人物

FortiGuard Labsは最近、DeathRansomという攻撃が進行中であることを確認しました。この新しい亜種に関する最初のブログでは、収集したサンプルの技術的な分析を試みましたが、パート 2ではこのDeathRansom攻撃と他の攻撃との関連性を明らかにし、その背後にいる可能性がある人物を探ります。

threat-research

DeathRansomパート 1:興味深い分析結果

ランサムウェアは、間違いなく世界的に重大な脅威です。最近のあるレポート(英文)によると、2016年にはわずか10億ドルだったランサムウェアによる企業の損害が、2018年には80億ドルを超えたと推定されており、特に医療業界では2019年だけでその損失がすでに250億ドルに達しました。

Minh Tran