business-and-technology

ビジネス&テクノロジー

threat-research

「Sunburst」/ SolarWindsハッキングに関して現段階で明らかになっている事実

最近の報道で、国家が支援する攻撃者が複数の米国政府機関を含む多数の組織に侵入したことがわかりました。これらの侵入には、SunBurstと呼ばれるバックドアソフトウェアが使用され、SolarWindsのIT監視 / 管理ソフトウェアアップデートシステムであるOrionが攻撃されました。

Udi Yavo

business-and-technology

FireEye レッドチームツールの侵害

12月8日、サイバーセキュリティベンダーのFireEyeは、社内で開発しているレッドチームツールを含むネットワークへの侵入とデータの流出を報告しました。FireEyeは、これらのツールの詳細をGitHubのリポジトリで公開し、他のベンダーが潜在的な敵に使用されないようにするための措置を講じました。

Carl Windsor

John Maddison

business-and-technology

CVE-2018-13379 に関するアップデート

お客様のセキュリティは、フォーティネットの最優先事項です。 当社の標準的な PSIRT プロセスの一環として、責任ある開示を通じて共有された脆弱性の疑惑が指摘された場合、フォーティネットは、潜在的な脆弱性を修正するために懸命に取り組み、その後、減災のガイダンスを伝えています。

Carl Windsor

business-and-technology

フォーティネット、2020年ガートナー社Webアプリケーション・ファイアウォールについてのマジック・クアドラントでチャレンジャーの位置を維持

フォーティネットは、2020年ガートナー社Webアプリケーション・ファイアウォールについてのマジック・クアドラントにおいて、チャレンジャーとしての位置を維持していることを発表しました。

Brian Schwarz

business-and-technology

フォーティネット、2020年のガートナー社WANエッジインフラストラクチャのクリティカル・ケイパビリティ・レポート、2つの主要ユースケースで最高位にランクイン

デジタルイノベーションとクラウドアプリケーションの帯域幅需要の増加により、ネットワークインフラストラクチャと運用のリーダーは、WANの変革とロードマップの取り組みのためのデファクト・ソリューションとしてSD-WANに注目するようになりました。

Nirav Shah

business-and-technology

製造業 / サービス業のセキュリティ課題を解決するセキュアSD-WAN

組織が成長すると、従業員数が急速に増加し、新たな支社オフィスが開設されます。このような状況でテレワーカー環境へと移行すると、既存のインフラストラクチャの帯域幅、アクセス制御、セキュアなワークフローとトランザクションに対する要件が大幅に増加します。これは、従来のネットワーク内の要件が増大するだけでなく、ネットワーク外部からの要件も発生するからです。

Nirav Shah

business-and-technology

ハイパースケールセキュリティ時代の先駆けとなる新製品、FortiGate 4400F

フォーティネットは、ネットワークファイアウォールの目的は緊密に統合されたネットワークとセキュリティのあらゆる機能を単に提供するだけでなく(他の多くのNGFWソリューションは未だこの目標さえも達成できていませんが)、今日の最も要求の厳しいハイパースケール環境で必要とされるスケールとパフォーマンスを実現しつつ、そうした機能を提供することであると考えています。

Muhammad Abid

business-and-technology

フォーティネットのセキュアSD-WANとAzure Virtual WANの統合をさらに拡張

昨年、フォーティネットはMicrosoft Azure Virtual WANとの統合を発表しました。この統合は、データセンターと支社からAzureクラウドへのセキュアな最適経路を実現します。

business-and-technology

フォーティネット、クラウドセキュリティとネットワーキングのイノベーターであるOPAQ Networksを買収

SASE(セキュアアクセスサービスエッジ)についての議論が業界で活発化し、注目する企業やパートナーも増えています。これは、今日の組織が、ネットワークやクラウドベースのリソースやデータ、特に、ビジネスクリティカルアプリケーションへの即時かつ中断なく、ユーザーがどこにいようとも、安全にアクセスする方法を必要としていることの表れでもあります。

John Maddison

business-and-technology

SSL VPNの欠陥を標的としたATP 29

英国の国家サイバーセキュリティセンター(NCSC)とカナダ通信安全保障局(CSE)は、カナダ、米国、英国のCOVID-19ワクチン開発に関わる様々な組織を標的にして、COVID-19ワクチンの開発と試験に関連する情報や知的財産を盗む意図がある可能性が高い「APT29」(別名「デュークス」または「コージーベア」)の活動に関する調査結果を発表しました。

Carl Windsor

business-and-technology

フォーティネットのダイナミッククラウドセキュリティによるVPN接続の保護

分散したリモートスタッフは、多くの組織にとって新たな現実となっています。特に、テレワーカーが複数のデバイスを使用して自宅のネットワークから企業ネットワークに接続する新たなパラダイムにおいて、セキュリティを強化する方法が模索されています。

Jonathan Nguyen-Duy

business-and-technology

ネットワークファイアウォールのパフォーマンス向上を実現:FortiGate 4200F

eコマースとオンラインゲームの急激な発展は、インターネットの力に社会が大きく依存している現状と、人々がインターネットにどのようなサービスを期待しているのかを表しています。

Muhammad Abid

business-and-technology

ネットワーク管理を"自動化"して、デジタルトランスフォーメーションを加速

ここ1年~1年半にわたり、業種や業界を問わず、数百人ものお客様と話をしてきましたが、最もよく話題にのぼった2つのテーマは、ネットワークが時間とともに複雑化していることと、デジタルトランスフォーメーションのプロジェクトの有無に関係なく、戦略的トピックとして"自動化"に注目している、ということでした。

Satish Veerapuneni

business-and-technology

セキュリティ ファブリックでSOARを活用し、セキュリティオペレーションを加速

2019年だけで1,240億ドル以上がサイバーセキュリティに費やされました。しかし、それにもかかわらず、多くのセキュリティチームは、依然として対応に苦慮しています。

Satish Veerapuneni

business-and-technology

フォーティネットのセキュアSD-WANがテレワーカーに最適なユーザーエクスペリエンスを提供

デジタル変革を推進中の企業にとって最重要戦略の1つは、成長と拡張が分散型インフラストラクチャ上で実現されることです。これにより、今日の動的なビジネス環境への迅速な適応が可能になります。

Rajesh Kari

business-and-technology

クラウドを利用するテレワーカーのためのリモートアクセス保護

多くの企業が現在、事業継続性と運用継続性を維持する目的で、テレワーク、テレラーニング、リモートの生産性向上ソリューションを急速に導入する過程にあります。しかし、そうした企業は、運用面で不要なコストを発生させることなく、リモートアクセスサービスを提供することも目標にしています。

Lior Cohen

business-and-technology

フォーティネット、2020年Gartner Peer InsightsのWAN Edgeインフラストラクチャ部門でCustomers' Choiceの1社に選出

フォーティネットは、当社のセキュアSD-WANソリューションがお客様からいただいた評価に基づき、2020年Gartner Peer InsightsのWAN Edgeインフラストラクチャ部門でCustomers' Choiceの1社に選出されたことを発表しました。

Fortinet

business-and-technology

一刻を争うエンドポイント保護:リアルタイムの対応が重要な理由

オーストラリアを大規模な山火事が襲い、カリフォルニアの北部および南部では過去数年にわたって繰り返し山火事が発生しています。このような山火事への対応は、一刻を争います。

Fortinet

business-and-technology

フォーティネット、新製品「FortiGate 1800F」アプライアンスと「NP7」ネットワークプロセッサを発表

驚異的な速度で進むデジタル変革によって、データ、リッチストリーミングメディア、ビジネスクリティカルアプリケーションへの組織や個人によるアクセスが大きく変化しています。個々のデバイス、ネットワーク、支社、複数のクラウドの動的な接続も可能になり、データセンターに求められる圧倒的な速度やスケーラビリティも提供できるようになりつつあります。

Fortinet

business-and-technology

Microsoft Azure向けの新しいフォーティネットクラウドセキュリティ製品

フォーティネットは本日、Microsoft Azureとのクラウドセキュリティ統合を強化したと発表しました。この強化は、現地時間2019年11月4日から8日に米国フロリダ州オーランドで開催されたMicrosoft Igniteイベントで紹介された製品と更新の3つにおいて実施されています。

Daniel Schrader

business-and-technology

クラウドワークロードの包括的な保護を実現するFortiCWPのご紹介

複数の異なるセキュリティの展開において連携が不十分な場合、重要なサービスの構成、活動、ネットワークトラフィック、セキュリティイベント、およびデータのウイルス対策に対する一元的な可視性がしばしば不足することがあります。

Fortinet

business-and-technology

フォーティネット、新たに設立されたオペレーショナルテクノロジーサイバーセキュリティアライアンス(OTCSA)に参画

フォーティネットは本日、OT環境のサイバーセキュリティにフォーカスして新たに設立されたグローバルアライアンスに参画したことを発表しました。

Fortinet

business-and-technology

FortiGate NGIPSが3年連続でNSS Labsの「Recommended(推奨)」評価を獲得

2019年第2四半期に発行した最新のフォーティネット脅威レポートで解説したように、フォーティネットは脅威(特にマルウェアやエクスプロイト)が増大を続けていることを確認しています。

Vince Hwang

business-and-technology

フォーティネットがOpen Cybersecurity Allianceに加盟し、業界の新たなオープンソースイニシアティブに参画

フォーティネットは本日、サイバーセキュリティ製品間での新たなレベルの相互運用性とデータ共有を目指すセキュリティ業界全体のイニシアティブである、Open Cybersecurity Alliance(OCA)に加盟しました。

Fortinet

business-and-technology

フォーティネット セキュリティ ファブリックがNSS Labsの2019年のブリーチ防御システムシステム(BPS)テストで「Recommendation(推奨)」を獲得

先頃NSS Labsは、ブリーチ防御システム(BPS:Breach Prevention System)テストの方法を変更していましたが、2019年8月に最新の2019年BPSグループテスト結果が発表されました。

Fortinet

business-and-technology

FortiOSとSSLの脆弱性

8月3日から8日にかけてラスベガスで開催された先日のBlack Hat 2019カンファレンスでは、セキュリティ研究者がフォーティネットを含む複数のセキュリティベンダーに影響を与えるセキュリティ脆弱性の発見について議論しました。

Fortinet

business-and-technology

フォーティネット、NSS Labsの2019年版NGFWグループテストにおいて6年連続で「Recommended(推奨)」評価を獲得

IoTやBYODの増加により、ネットワークが拡大し続けています。さらに、企業のハイブリッド型ITアーキテクチャで複数のクラウドが採用されると、ネットワークはさらに複雑になります。

business-and-technology

フォーティネット、内部脅威からの保護を強化するFortiInsightを発表

2019年3月4日、フォーティネットは昨年末のZoneFoxの買収に伴うソリューション拡大の一環として、内部脅威の減災を支援するFortiInsightを発表しました。

フォーティネット

business-and-technology

インテント ベースト セグメンテーションによる堅牢なセキュリティ

ネットワーク管理者のほとんどが、ネットワークのIPサブネット、VLAN、またはVXLANに基づくセグメンテーションをすでに実装しているか、少なくとも実装の検討を始めているはずです。

business-and-technology

インテント ベースト セグメンテーションによるビジネス目標の達成

セキュリティの強化、リスクの軽減、コンプライアンスの達成に寄与するセキュリティフレームワークを作成したいと考えるCIOであれば、堅牢な境界用ファイアウォールを導入することで効果的なセキュリティアーキテクチャを構築できるとお考えかもしれません。

business-and-technology

NSS Labsの次世代不正侵入防止(NGIPS)テストでFortiGateの優れた機能が再び実証される

サイバー犯罪の件数は驚異的な速度で増加し続けており、データもこの状況を裏付けています。たとえば、2010年に報告されたデータ漏洩は400万件でしたが、Dark Readingによれば、2017年に侵害された情報の件数は過去最高の78億9千万件に達しています。

Muhammad Abid

business-and-technology

SaaSとIaaSのCASBの観点からの相違点

中小企業からグローバルな大企業までのあらゆる規模の組織が、ビジネスイノベーションを加速させ、新しく開発されるテクノロジーをいち早く取り入れる目的で、クラウドコンピューティングを採用するようになりました。

Lior Cohen

business-and-technology

電子メールの脅威の進化を超えるFortiMail 6.0

セキュリティの世界では、最新の高度な侵入手口、マルチベクトル型攻撃、増大するIoTの悪用が多く語られていますが、これらはすべて現在のネットワークセキュリティ対策を突破することを目的としています。

David Finger

business-and-technology

Cyber Threat Allianceのメンバーがクリプトマイニングに関する初の共同レポートを発表

セキュリティベンダー間の競争は、サイバー犯罪者の一歩先を進み続けるために不可欠な要素です。収益が重要であることは当然ですが、市場シェアと顧客をめぐる競争は、セキュリティベンダーが絶えず技術を進歩させ続ける原動力にもなります。

Anthony Giandomenico

business-and-technology

FortiNACがデジタルビジネス向けに自動化されたIoTセキュリティを提供

フォーティネットが発表したばかりのFortiNACが、進化を続ける今日のネットワークを保護する統合セキュリティソリューションポートフォリオに加わりました。

Peter Newton

business-and-technology

フォーティネットとIBM、サイバー脅威情報の共有に合意

サイバー犯罪者たちが計画、実施する攻撃はますます巧妙化が進み、自動化テクニックを用いることでそのペースはかつてないほどの速さになっています。こうした急速に進化、拡大を続ける脅威ランドスケープの先を行きたいと考えるのであれば、アクショナブルな脅威インテリジェンスの共有がどのようなセキュリティ戦略においても重要な要素となります。

Fortinet

business-and-technology

フォーティネットのセキュアSD-WANが最高のパフォーマンスを達成し、NSS Labsの「Recommended(推奨)」評価を獲得

クラウドベースのネットワーキングやサービスの急速な導入により、ビジネスの形が変わりつつあります。Forresterによると、グローバル企業の50%以上がデジタル変革の推進に最低1つのパブリッククラウドプラットフォームを利用しており、それは次世代型の支社の増加において顕著にあらわれています。

Nirav Shah

business-and-technology

フォーティネット、セキュリティサービスポートフォリオの機能強化を発表

常に進化と拡大を続ける脅威ランドスケープからの防御には、リアルタイムの脅威リサーチおよびインテリジェンスへのアクセスが必要です。脅威ランドスケープに関する広範な知識と、複数レベルで迅速に対応できる能力を組み合わせることが、効果的なセキュリティを提供する土台となります。

Jeannette Jarvis

business-and-technology

見えないものは保護できない: エンドポイントセキュリティにおける可視性を得るには

企業は常にテクノロジーを活用して競争力を得てきましたが、現在進行中のデジタル変革により、かつてないほどネットワークが拡大しています。このように複雑性が増大すると、新たな攻撃ベクトルや、ネットワーク上で実行されているデバイスやサービスが標的のエクスプロイトを見落とす可能性があります。特にエンドポイントやIoTセキュリティにおいてそれが問題視されてきました。

Tsailing Merrem

business-and-technology

FortiWeb 6.0をリリース: 人工知能(AI)による高度な脅威検知を実現

サイバー犯罪者たちが、パブリックWebアプリケーションや社内Webアプリケーションを標的にすることが増えています。データブリーチの半数近くが、Webアプリケーションの脆弱性を標的にした攻撃によって引き起こされています。攻撃から組織を守るためには、Webアプリケーションファイアウォール(WAF)が効果的です。しかし、こうしたデバイスの使用をためらう組織もあります。正規のユーザーやアプリケーションをブロックしないようすばやく誤検知に対処する際に、膨大なリソースが必要とされているからです。

Mark Byers

business-and-technology

自動化とAIが実現する医療サイバーセキュリティの強化

患者情報や独自の医療研究の保護という点で、医療業界は絶えずサイバーセキュリティに関する大きな課題に直面しています。電子カルテ(EHR)やオンラインの患者ポータル、接続機器、ウェアラブルといった新しい医療技術の導入により、患者に提供される治療や利便性は向上しているものの、それと同時に医療機関が攻撃を受けるリスクも高まっています。