business-and-technology

フォーティネット、クラウドセキュリティとネットワーキングのイノベーターであるOPAQ Networksを買収

SASE(セキュアアクセスサービスエッジ)についての議論が業界で活発化し、注目する企業やパートナーも増えています。これは、今日の組織が、ネットワークやクラウドベースのリソースやデータ、特に、ビジネスクリティカルアプリケーションへの即時かつ中断なく、ユーザーがどこにいようとも、安全にアクセスする方法を必要としていることの表れでもあります。

デジタルイノベーションによって、多くの組織が、動的に変化するネットワーク構成や攻撃対象領域の急拡大といった新たな課題に直面するようになり、結果として、それらの組織やユーザーが必要とする保護とアクセス制御のレベルをさらに向上させる新たな機会が生まれることになりました。SASEは、こうした課題の解決を目的とするソリューションです。

しかしながら、どのようなSASEソリューションを選択し、実装する場合であっても、2つの重要な事実を覚えておく必要があります。1点目として、より広範囲のセキュリティ戦略に容易に統合できるソリューションを選択する必要があります。この条件を満たしていないと、スタンドアロンのセキュリティソリューションがいくつも追加され、これまで以上に多くの注意とリソースが必要になるだけです。2点目として、アクセスや柔軟性に対する現在のニーズを解決できるだけでなく、セキュリティ ドリブン ネットワーキング戦略をサポートすることで、セキュリティやパフォーマンスを継続的に強化するためのネットワークの変更や、ビジネス要件の進化に迅速かつ自動的に適応できるSASEソリューションを選択する必要があります。


市場で最も完全なSASEプラットフォームをフォーティネットが提供

SASEは、さまざまなテクノロジーが関係し、さまざまな環境をサポートする必要があるため、「フリーサイズ (one-size-fits)」のセキュアアクセスソリューションというわけにはいきません。組織ごとに固有のニーズが存在するため、独自のネットワーク環境やビジネス要件に合わせて最適なセキュリティ製品を選択し、展開する必要があります。

しかしながら、SASEがその役割を確実に果たすためには、接続、ネットワーキング、セキュリティのすべてのコンポーネントが単一の統合システムとして連携し、相互運用を可能にする必要があります。フォーティネットは長年にわたって、統合型のセキュリティプラットフォームとセキュリティ ファブリック アーキテクチャの一部として、SASEの中核となる要件だけでなく、さまざまな要件に対応する機能を提供してきました。SASEを検討していたフォーティネットの多くのお客様が、セキュリティ ファブリックがあれば、わずかな調整だけでSASEソリューションを手に入れられることに気付いています。

今回のSASEクラウドプロバイダーであるOPAQ Networksの買収の発表によって、フォーティネットがお客様やパートナーにすでに提供していたSASEの柔軟性と機能がさらに拡張され、OPAQのゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)クラウドソリューションによって、データセンター、支社、テレワーカー、IoT(モノのインターネット)デバイスなどを含む、企業の分散ネットワークの保護が可能になります。

フォーティネットのセキュリティ ファブリックにOPAQの特許取得済みZTNAソリューションが加わることで、フォーティネットの既存のSASEがさらに強化され、業界唯一の真のゼロトラストアクセスとセキュリティソリューションを備えたクラス最高のSASEクラウドセキュリティプラットフォームの提供が可能になります。これは、業界をリードする次世代ファイアウォールSD-WANの機能、Webセキュリティサンドボックス高度なエンドポイントアイデンティティ / 多要素認証マルチクラウドワークロード保護クラウドアプリケーションセキュリティブローカー(CASB)、ブラウザの隔離、Webアプリケーションファイアウォールの機能を特許取得済みのゼロトラストクラウドアーキテクチャに統合し、単一インタフェースによる管理と制御を可能にする柔軟で動的なSASEソリューションを提供することで実現します。

フォーティネットは、研究・開発に積極的に投資することで、広範かつ最高のセキュリティの提供と継続的なイノベーションを可能にしています。強力なセキュリティバックボーンやスケーラブルで高パフォーマンスのクラウドアーキテクチャを持たない他のクラウドプロバイダーとは異なり、フォーティネットは高度なセキュリティ機能を備えたクラウドセキュリティソリューションを提供します。

フォーティネット創設者、取締役会会長兼CEOであるKen Xie(ケン・ジー)は次のように述べています。「OPAQの買収によって、フォーティネットの既存のSASEソリューションがさらに強化されました。市場で最も完全なSASEプラットフォームをお客様やパートナーに提供できるようになり、柔軟でコスト効率が高く、特許取得済みのゼロトラストクラウドアーキテクチャによって、最も広範なセキュリティソリューション、業界をリードするSD-WAN、さらには、高度なネットワーキングソリューションの統合が可能になりました。」

OPAQのプラットフォームは、パートナーにとっての利便性を最大限に考慮して構築されているため、MSSP、通信事業者、パートナーは、マルチテナントのSASEプラットフォームを自社ソリューションに容易に統合して顧客に提供できます。これにより、これらのサービスプロバイダーは、自らのNOC(ネットワークオペレーションセンター)やSOC(セキュリティオペレーションセンター)の専門知識と高度なプロフェッショナルサービスを付加価値サービスとして、一般企業や政府機関の顧客に提供することができます。

テレワークの増加によって、従来のエンタープライズエッジの内側ではなく、外側に存在するユーザー、デバイス、アプリケーション、サービス、データの方が圧倒的に多くなっているため、フォーティネットの広範なセキュリティ ファブリックとOPAQのクラウドプラットフォームの統合は、顧客やパートナーにとって、統合型で最適なセキュリティを実現する新たな選択肢となります。また、進化するビジネスニーズにリアルタイムで対応する、真に統合された最高のセキュリティとネットワーキングを革新的な方法で提供できる点も、フォーティネットの大きな差別化要素となります。


SASEとZTNAのクラウド配信の機能をフォーティネットが強化

OPAQの買収によって、他のクラウドセキュリティプロバイダーとの大きな差別化要素となる次のような機能がフォーティネットのソリューションに加わります。

  • 他のクラウドセキュリティベンダーを圧倒する、最高のスケーラビリティ、パフォーマンス、セキュリティ
  • 攻撃対象領域に多くの無防備なギャップが存在する他のZTNAプロバイダーとは異なり、広範な統合スイートによって、真のゼロトラストセキュリティを実現するクラウドセキュリティソリューションを提供
  • フォーティネットの一流の研究開発人材を活用し、大規模かつ継続的なセキュリティイノベーションを可能にする独自のZTNAソリューションを実現
  • パートナーの利便性を最大限に考慮したZTNAソリューションにより、付加価値サービスを提供するパートナーへのフォーティネットの継続的コミットメントを証明
  • 業界をリードするフォーティネットのSD-WANを含む、セキュリティとネットワーキングの完全統合により、セキュリティ ドリブン ネットワーキング アプローチをさらに強化

Ken Xie(ケン・ジー)は今回の買収について、次のように述べています。「最近のSASE市場の活況によって、フォーティネットが長年にわたって提唱してきたセキュリティ ドリブン ネットワーキング アプローチの正当性が評価され、注目されるようになりました。ハイパーコネクトと拡大するネットワークの今の時代には、ネットワークエッジがデジタルインフラストラクチャ全体に拡大することになるため、ネットワーキングとセキュリティのコンバージェンスが避けられないものとなっています。」

本日の発表によって、フォーティネットの広範な統合セキュリティ製品とOPAQのSASEクラウドプラットフォームが統合され、市場で最も完全なSASEプラットフォームが提供されることで、多くの組織が迅速かつ安全にデジタルイノベーションを採用し、今日のデジタル市場で競争力を獲得できるようになります。


フォーティネットによるOPAQの買収のプレスリリースで、既存のSASEがどのように強化され、市場で最も完全なSASEプラットフォームの提供が可能になるかについての詳細をご確認ください。