business-and-technology

フォーティネット、新たに設立されたオペレーショナルテクノロジーサイバーセキュリティアライアンス(OTCSA)に参画

フォーティネットは本日、OT環境のサイバーセキュリティにフォーカスして新たに設立されたグローバルアライアンスに参画したことを発表しました。このオペレーショナルテクノロジーサイバーセキュリティアライアンス(OTCSA)(英文)は、特にIT環境とOT環境の融合が進む中(英文)、企業のオペレーションとビジネスにとって常にリスクとなっているOTセキュリティの課題に対応する企業をサポートするために設立されたものです。

OTの脅威の現状

オペレーショナルテクノロジー(OT)環境とは、組み立てラインシステム、バルブ、ポンプ、サーモスタット、パイプライン、その他の制御システムなどの物理的な装置を監視または制御する、専用のハードウェアおよびソフトウェアのことで、これらに対する脅威は、オペレーションを混乱させ、生産性に悪影響を及ぼすだけでなく、環境面の被害が発生したり人の日常生活に危険が及ぶ可能性もあります。現実の懸念として、産業用制御システム(ICS)を使用する組織の56%が、2018年にOTシステムに対するセキュリティ侵害が発生したと報告(英文)しているほか、97%の組織が、これらのセキュリティ問題の多くはIT / OTのコンバージェンスの取り組みが直接的にもたらした結果であったと認識しています。

OTCSAは、特にこのような問題に対応することを目的として設立されています。サイバー脅威の数が増大し巧妙化が進むのに伴い、特に人々が依存する水や食料、エネルギー、そして日常生活に必要不可欠なその他の物資を供給する重要イフラストラクチャにとって、産業制御システムの稼働を維持することは絶対的に不可欠となっています。

この重要な課題に取り組むため、OTCSAは次の5つで構成されるミッションを策定しました。

  • OT環境のサイバーとフィジカルのリスク管理態勢の強化、およびOT / ITの相互接続インタフェースの堅牢化
  • IEC 62443、NERC CIP、NIST 800-53などの規格や国際標準に確実に準拠したリスク管理プロセスやリファレンスアーキテクチャ / デザインに基づいて、OTインフラストラクチャの保護を実行する方法のガイダンスをOTのオペレーターに提供
  • 安全なOTシステムアーキテクチャ、関連するインタフェース、セキュリティ機能に関するガイダンスをOTのサプライヤーに提供
  • より安全でセキュアな重要インフラストラクチャの調達、開発、設置、運用、保守のサポート
  • より安全でセキュアな重要インフラストラクチャの採用に要する時間の短縮

OTCSAは、進化する業界標準や法規制にOT業界が対応できるよう、求められるサイバーセキュリティの変化、アップグレード、および統合に関連した開発のサポートおよびガイダンスの提供に取り組んでいきます。このようなミッションの実現に向けて、セキュアなアーキテクチャ、そしてその実装とプロセスに関するガイドラインを策定し推進するために、先端のIT / OT企業、サイバーセキュリティコミュニティのオピニオンリーダーたち、そしてさまざまな業界のベンダーやOTオペレーターが緊密に連携しています。現在OTCSAには、フォーティネットの他に、ABB、BlackBerry Cylance、Check Point Software、Forescout Technologies、Microsoft、Mocana、NCC Group、Qualys、SCADAfence、Splunk、Wärtsiläが参画しています。

OTCSAは、重要インフラストラクチャまたは一般的なOTシステムを運用して事業を行う企業(OTオペレーター)、およびITソリューションやOTソリューションを提供する企業(ソリューションプロバイダー)のすべてが参画できるオープンな団体です。詳しくは、OTCSAのWebサイトおよび参画方法(英文)をご覧ください。

フォーティネットはOTCSAのミッションをサポート

OTCSAのアプローチは連携と教育を基盤としていることから、そのミッションとモデルはどちらも独自のものとなっています。OTおよび重要インフラストラクチャのコミュニティは、増大するサイバー脅威やサイバーセキュリティの懸念に一体化して対応するために、さまざまな分野の異なる組織がどのような形で連携できるかを示すモデルとして、このOTSCAを効果的に活用しています。創設メンバーの一社として、フォーティネットは次のようなさまざまな役割を担っています。

  • 技術ガイダンス:フォーティネットは、アーキテクチャの詳細な推奨事項について、研究資料の公開、技術的な講演、コンサルティングなどを通して、専門知識と戦略的なガイダンスの提供に尽力しています。
  • マーケティング支援:フォーティネットは、OTCSAと連携してマーケティング活動のガイダンスを策定し、OTおよび重要インフラストラクチャのコミュニティの拡大に向けて、このアライアンスの重要性に関するプロモーション活動をサポートしています。

また、OTCSAへの参画は、異なる複数の従来型セキュリティソリューションを統合フレームワークに接続するためにオープンなアーキテクチャを採用した、フォーティネット セキュリティ ファブリックのビジョンのさらなる拡大にもつながります。フォーティネットのアプローチは、広範な可視化、統合型の脅威検知、そしてセキュリティ ファブリックの自動レスポンスの実行範囲を、先進のOTテクノロジーアライアンスによるソリューションへと拡大することになります。フォーティネットのテクノロジーエコシステムのパートナー各社が提供しているさまざまなソリューションを利用することで、より効果的なセキュリティを確保し、セキュリティ展開の有効性をさらに高めることができます。

詳細は、OTCSAのミッション(英文)をご覧ください。

フォーティネットのICS / SCADAセキュリティソリューションを利用することで、複雑なOTインフラストラクチャにセキュリティを展開し、データセンターからクラウド、ネットワーク境界までを網羅する包括的な保護が実現します。その詳細をぜひご確認ください。

タグ: