2018年8月15日
フォーティネットジャパン株式会社

フォーティネット、IBMとサイバー脅威情報の共有に合意

プロアクティブな脅威情報の共有により、顧客にさらなる保護を提供

統合型かつ自動型の広範にわたるサイバーセキュリティソリューションの世界的リーダーである、フォーティネット(Fortinet®、NASDAQ:FTNT)は本日、フォーティネットとIBM Securityが、サイバー脅威情報の双方向共有で協力することを発表しました。

  • 今回の合意の目的は、フォーティネットのFortiGuard Labs(フォーティガード ラボ)の脅威研究チームとIBM Security's X-Forceの研究チームが生成するコンテクスチュアルな脅威情報を共有することで、世界的なサイバー脅威やプライバシーに対する脅威にプロアクティブに対抗することです。
  • IBM Securityとフォーティネットは直接的な協力により、セキュアなチャネルを使って脅威インテリジェンスを双方向で共有します。脅威情報を共有し、セキュリティ研究に関する深い知識とグローバルな脅威インテリジェンスを得ることで、両社のお客様に対する保護を高めます。
  • IBM Securityとフォーティネットのグローバル脅威研究チームは、様々なソースからのセキュリティ脅威の監視、分析を行い、ほぼリアルタイムに有益な脅威インテリジェンスを提供します。両社の脅威インテリジェンスフィードを統合することで、お客様はより完全なデータを利用できるようになります。

フォーティネットとIBMの継続的な協力関係

今回の合意により、脅威情報の共有に関してフォーティネットとIBM Securityの協力関係は正式なものになりますが、両社はこれまでも、包括的なセキュリティ保護の面で協力してきました。

IBM Securityは2017年からフォーティネットのFabric-Readyパートナーになっています。フォーティネットのオープンなアプローチにより実現するセキュリティファブリックのアーキテクチャにより、広範な可視性、統合型の脅威防御、自動レスポンスを提供し、IBMに対して明確に定義されたAPIを介して統合的なセキュリティ管理とセキュリティインシデントレスポンスを実現しています。

また、フォーティネットは今年すでに、IBM X-Force Threat Management ServicesでIBM社と協力することを発表しています。IBM X-Force Threat Management ServicesでIBMと協力したことで、両社は互いのお客様に脅威インサイト、攻撃検知および阻止、そして組織のアタックサーフェス(攻撃対象領域)全体にシームレスに行きわたるよう設計された統合型の多層防御(defense-in-depth)戦略を提供することが可能になりました。

IBM Securityの脅威インテリジェンス担当バイスプレジデント、Caleb Barlow氏は次のように述べています。「フォーティネットのような信頼のおけるパートナーと協力関係を結ぶことで、IBMはグローバルな脅威動向をより明確に把握することができるようになります。現在の脅威アクターは非常に高度なスキルを有しているだけでなく、組織化されて資金力があり、グローバルかつ迅速に活動を展開することが可能です。効果的に防御するためには、同じスピードで対応し、情報に基づく正確な対抗策を練らなければなりません。フォーティネットと共同で構築してきた防御戦略により、より迅速かつ完全に新たな脅威に対応できるような追加的なインテリジェンスを得ることができ、顧客およびコミュニティをより優れた形で保護するのに役立っています」

フォーティネットのCISO(最高情報セキュリティ責任者)、Phil Quade(フィル・クエイド)は、次のように述べています。「どの組織も進化するサイバー脅威、拡大するアタックサーフェス(攻撃対象領域)、サイバーセキュリティ人材不足の深刻化に直面しています。こうした組織がリアクティブ(事後対応型)からプロアクティブ(事前予防型)に移行するためには、アクショナブルなインテリジェンスとグローバルな可視性が重要になります。見えないものに対して措置を講じ、保護することはできません。だからこそ、信頼のおけるパートナーと脅威情報を共有することが、企業が世界的なサイバー脅威に対抗していくのを助けるうえで重要な要素となります」


関連リンク

フォーティネットについて (www.fortinet.com)

フォーティネット(NASDAQ: FTNT)は、世界中の大手企業、サービスプロバイダ、そして政府機関を守っています。フォーティネットは、拡大するアタックサーフェス(攻撃対象領域)に対するシームレスな保護とインテリジェンスを提供し、ボーダレスなネットワークでの、増え続けるパフォーマンスの条件に応じるパワーで、現在もまた将来も、お客様に貢献します。ネットワーク上でも、アプリケーションやクラウド、またはモバイル環境であっても、妥協することなく、極めて重大なセキュリティ上の問題に対応するセキュリティを提供できるのはフォーティネットのセキュリティ ファブリックのアーキテクチャだけです。フォーティネットは世界で最も多くのセキュリティアプライアンスを出荷し、世界35万以上のお客様がビジネスを守るためにフォーティネット に信頼を寄せています。
フォーティネットジャパンについては、www.fortinet.co.jpをご覧ください。

Copyright© 2018 Fortinet, Inc. All rights reserved. 「®」および「™」マークはいずれも、Fortinet, Inc.とその子会社および関連会社の米国における登録商標および未登録商標であることを示します。フォーティネットの商標には、Fortinet、FortiGate、FortiGuard、FortiManager、FortiMail、FortiClient、FortiCloud、FortiCare、FortiAnalyzer、FortiReporter、FortiOS、FortiASIC、FortiWiFi、FortiSwitch、FortiVoIP、FortiBIOS、FortiLog、FortiResponse、FortiCarrier、FortiScan、FortiDB、FortiVoice、FortiWebなどが含まれますが、これらに限定されるものではありません。その他の製品名およびサービス名等は、各社の商標である場合があります。フォーティネットは、本プレスリリース内の第三者に帰する声明、認可またはテストについては、検証を行っておらず、また、このような第三者に帰する声明を承認するものではありません。本プレスリリースは、保証または債務保証、または契約として一切拘束を受けるものではなく、記載された製品仕様または製品性能は、ある特定の環境や条件のもとで計測されていることがあります。また、本プレスリリースには、将来の見通しに関して不確実性および仮説を伴う記述が含まれている場合がありますが、本不確実性が現実になったり、あるいは本仮説が正しくないことが判明したりする場合、明文的あるいは暗黙的に記述された内容と異なる結果が生じることがあります。これには、サイバー犯罪活動の動向予測に関する記述などが含まれますが、これに限定されるものではありません。このような動向は予測することが困難であり、また、このような動向に関する公開予測や期待事項は結果として正しくないことがあります。フォーティネットは、このような将来見通しを改正する義務を一切負うものではなく、また改正を発行することもありません。