2018年10月3日
フォーティネットジャパン株式会社

フォーティネット、ガートナー社の統合脅威管理(SMB多機能ファイアウォール)マジック・クアドラントにおいて、9年連続で「リーダー」に位置付けられる

UTM市場における実行能力で、マジック・クアドラントで最も高いポジションに

統合型かつ自動型の広範にわたるサイバーセキュリティソリューションの世界的リーダーであるフォーティネット(Fortinet®、NASDAQ:FTNT)は本日、ガートナー社の2018年統合脅威管理(SMB多機能ファイアウォール)マジック・クアドラント(英文)において9回連続リーダーとして認められたことを発表しました。フォーティネットは今年もビジョンの完全性が認められるとともに、2018マジック・クアドラントにおける実行能力で最上位に位置付けられました。

  • フォーティネットは一貫して最先端のセキュリティを提供し続けている:昨年、FortiGateソリューションは、グループテストでNSS Labsから6つの「Recommended(推奨)」評価を獲得しました。
  • フォーティネットはソリューションの容易な導入と管理を保証している:フォーティネットは、ワイヤレスアクセス、スイッチ、その他の要素をFortiGate次世代ファイアウォールと緊密に統合し、一元管理を実現しています。
  • フォーティネットのパートナーは重要な資産である:フォーティネットは、パートナーとの関係を重視することで市場で強力な力を発揮し、MSSPに必要とされる機能に焦点を当てた製品戦略を展開しています。

UTMのイノベーションを継続

拡大を続けるデジタルビジネスを保護するには、従業員に求められる接続性と生産性、そして顧客が必要とする情報リソースという課題に安全に対応する必要があります。SMB組織がこの課題に対処するには、制限のあるITスタッフとリソースに過大な負担をかけずに実際のネットワークの要件に応える効率的UTMデバイスが必要です。Webサイト通信の保護がますます求められているため、このデバイスは暗号化されたトラフィックをサポートする必要もあります。フォーティネットが先頃発表した脅威レポートによると、前四半期においても顧客トラフィック内のhttpsの割合は60%を超えています。したがって業界最高のSSLパフォーマンスを提供するフォーティネットの機能は、今日のUTMにとって非常に重要なコンポーネントと言えます。フォーティネットは、業界の独立機関からの認定の取得や、使いやすさ、コンポーネント間の緊密な統合、カスタムハードウェアを使用した卓越したコストパフォーマンスの実現によって明らかなように、UTM市場をリードし続けています。

多くのSMBは複数のセキュリティベンダーを活用していますが、その大半はセキュリティテクノロジースタックを統合することで、複雑さを緩和し、コストを削減したいと考えています。フォーティネットが提供する統合ソリューションは、1台のアプライアンス、または1つのインターフェイスで管理できる複数のデバイスに、次世代ファイアウォール、スイッチ、ワイヤレスが含まれているため、中小企業に最適な選択肢です。さらにこのソリューションは、FortiCloudを利用して完全に管理可能で、オンプレミスには何も導入せずに、シームレスに統合管理を行うことができます。


フォーティネットのオープンなセキュリティファブリックと統合

この統合は、FortiSandboxFortiMailFortiTokenをはじめとする、さらに高度なセキュリティコンポーネント間の連動によってさらに拡張します。企業がプロダクティビティスイート製品をクラウドベースのソリューションに移行している現在、この統合の活用は特に推奨されています。組織と組織が信頼するパートナーは、フォーティネット以外のコンポーネントも統合してシームレスなセキュリティファブリックを確立し、FortiGate UTMに接続することにより、容易に管理できる包括的なセキュリティを実現することができます。


フォーティネットの継続的な成功に欠かせないパートナー

リセラー、マネージドサービスプロバイダーなどのパートナーは、サイバーセキュリティの確保や、重要なセキュリティ/ITソリューションの推奨、導入、管理の面で、中小企業の成功に欠かせません。ガートナーは、大半の中小企業が直面する一般的な課題は「小規模なITチームである。つまり、多くのSMBがUTMソリューションの管理にMSSPを使用することを検討している」と報告しています。フォーティネットの強力なチャネルトレーニングプログラムとパートナー向けプログラムは、パートナーが主導する取り組みに対して、継続的なサポートや機会とともに、幅広い付加価値を提供しています。

フォーティネットは、業界で最も多く独立系の認定を取得したUTMソリューションを提供しています。使いやすく統合が容易なコンポーネントを搭載したフォーティネットのUTMソリューションは、中小企業とこれらの企業を支える信頼できるパートナーに最適な選択肢です。フォーティネットは、ガートナー社の統合脅威管理(SMB多機能ファイアウォール)マジック・クアドラントにおいて、9回連続で「リーダー」として位置付けられています。

フォーティネットのプロダクト&ソリューション担当シニアバイスプレジデントJohn Maddison(ジョン・マディソン)は次のように述べています。「フォーティネットは常にUTM市場をリードし、これまでに400万台以上のネットワークセキュリティアプライアンスを出荷しています。フォーティネットのUTMソリューションは、業界をリードするフォーティネットのセキュアSD-WAN機能を最近導入した中小企業や大規模な分散エンタープライズに非常に適しています。フォーティネットセキュリティファブリックとパッケージされた時にこのソリューションは、非常に説得力があります」


2018 Gartner Peer Insights Customers' Choice

フォーティネットのUTMソリューションをお使いのお客様はGartner Peer Insights(英文)において、合計209件のレビュー中、200件で4~5点の評価を付けています。このレビュー件数は、2018年9月25日時点でこの市場で第2位となっています。フォーティネットは、エンタープライズネットワークファイアウォールの「2018 Gartner Peer Insights Customers' Choice」に選ばれています。これは、この市場におけるフォーティネットのリーダーとしての地位をさらに強固なものにしています。

Gartner, Magic Quadrant for Unified Threat Management (SMB Multifunction Firewalls), Rajpreet Kaur | Claudio Neiva, 20 September 2018.
ガートナー、統合脅威管理(SMB多機能ファイアウォール)マジック・クアドラント、Rajpreet Kaur | Claudio Neiva、2018年9月20日


ガートナーの免責事項

ガートナーは、ガートナー・リサーチの発行物に掲載された特定のベンダー、製品またはサービスを推奨するものではありません。また、最高のレーティング又はその他の評価を得たベンダーのみを選択するように助言するものではありません。ガートナー・リサーチの発行物は、ガートナー・リサーチの見解を表したものであり、事実を表現したものではありません。ガートナーは、明示または黙示を問わず、本リサーチの商品性や特定目的への適合性を含め、一切の保証を行うものではありません。

2018 Gartner Peer Insights Customers' Choice for Enterprise Network Firewalls https://www.gartner.com/reviews/customers-choice/enterprise-network-firewalls.
Gartner Peer Insights Customers' Choiceは、個々のエンドユーザのレビュー、評価、文書化された手法に対して適用されたデータに基づいた主観的な意見によって決定されます。ガートナー社やその関連会社の見解を表す意図はありません。

フォーティネットについて (www.fortinet.com)

フォーティネット(NASDAQ: FTNT)は、世界中の大手企業、サービスプロバイダ、そして政府機関を守っています。フォーティネットは、拡大するアタックサーフェス(攻撃対象領域)に対するシームレスな保護とインテリジェンスを提供し、ボーダレスなネットワークでの、増え続けるパフォーマンスの条件に応じるパワーで、現在もまた将来も、お客様に貢献します。ネットワーク上でも、アプリケーションやクラウド、またはモバイル環境であっても、妥協することなく、極めて重大なセキュリティ上の問題に対応するセキュリティを提供できるのはフォーティネットのセキュリティ ファブリックのアーキテクチャだけです。フォーティネットは世界で最も多くのセキュリティアプライアンスを出荷し、世界36万以上のお客様がビジネスを守るためにフォーティネット に信頼を寄せています。
フォーティネットジャパンについては、www.fortinet.co.jpをご覧ください。

Copyright© 2018 Fortinet, Inc. All rights reserved. 「®」および「™」マークはいずれも、Fortinet, Inc.とその子会社および関連会社の米国における登録商標および未登録商標であることを示します。フォーティネットの商標には、Fortinet、FortiGate、FortiGuard、FortiManager、FortiMail、FortiClient、FortiCloud、FortiCare、FortiAnalyzer、FortiReporter、FortiOS、FortiASIC、FortiWiFi、FortiSwitch、FortiVoIP、FortiBIOS、FortiLog、FortiResponse、FortiCarrier、FortiScan、FortiDB、FortiVoice、FortiWebなどが含まれますが、これらに限定されるものではありません。その他の製品名およびサービス名等は、各社の商標である場合があります。フォーティネットは、本プレスリリース内の第三者に帰する声明、認可またはテストについては、検証を行っておらず、また、このような第三者に帰する声明を承認するものではありません。本プレスリリースは、保証または債務保証、または契約として一切拘束を受けるものではなく、記載された製品仕様または製品性能は、ある特定の環境や条件のもとで計測されていることがあります。また、本プレスリリースには、将来の見通しに関して不確実性および仮説を伴う記述が含まれている場合がありますが、本不確実性が現実になったり、あるいは本仮説が正しくないことが判明したりする場合、明文的あるいは暗黙的に記述された内容と異なる結果が生じることがあります。これには、サイバー犯罪活動の動向予測に関する記述などが含まれますが、これに限定されるものではありません。このような動向は予測することが困難であり、また、このような動向に関する公開予測や期待事項は結果として正しくないことがあります。フォーティネットは、このような将来見通しを改正する義務を一切負うものではなく、また改正を発行することもありません。