2019年3月28日
フォーティネットジャパン株式会社

NTTコミュニケーションズ、FortiGateを活用したセキュリティ高度分析サービスを開始

NTTコミュニケーションズ「WideAngle」のマネージドセキュリティサービスにおいてFortiGateを活用したリアルタイムなPCAPデータ分析が実現


統合型かつ自動型の広範にわたる統合サイバーセキュリティソリューションの世界的リーダーであるフォーティネット(Fortinet®、NASDAQ: FTNT)は本日、NTTコミュニケーションズが、フォーティネットのネットワークセキュリティアプライアンスであるFortiGateを活用したセキュリティ高度分析サービスの提供を2019年3月28日より開始したことを発表しました。

セキュリティオペレーションセンター(以下 SOC)における日々の運用においては、様々なアラートが発生する中で、膨大なログ解析や検知内容の確認に時間をとられるケースが少なくありません。その労力を低減するためのより詳細なセキュリティ分析には、セキュリティ機器が発するアラートの原因となった実データ(PCAPデータ)の分析が必要です。今回、FortiGateが持つPCAPデータの機能拡張により、NTTコミュニケーションズは、総合リスクマネジメントサービス「WideAngle」のマネージドセキュリティサービスのメニューの一つとして、FortiGateのPCAPデータを活用した新サービスの提供が可能になりました。

FortiGateは世界および日本でシェアNo.1*のセキュリティアプライアンスです。NTTコミュニケーションズが提供する高度分析サービスにより、日本国内でFortiGateをお使いのお客様は、さらに信頼性の高いSOCサービスを利用することが可能になります。

NTTコミュニケーションズ株式会社 経営企画部 マネージドセキュリティサービス推進室長 竹内 文孝氏は次のように述べています。「セキュリティアプライアンスで業界をリードするフォーティネット社とは、長きにわたって緊密な協業関係を築いてまいりました。今回、新たに拡張されたFortiGateの機能を活用して高度な分析サービスを世界に先駆けて提供できることを大変嬉しく思っております。今後もさらに、日本のお客様をサイバー脅威から守るためにフォーティネット社と協力してまいります」

フォーティネットジャパン株式会社 社長執行役員 久保田 則夫は次のように述べています。「この度、NTTコミュニケーションズ様がFortiGateを活用したセキュリティ高度分析サービスの提供を開始されたことを心より歓迎いたします。NTTコミュニケーションズ様の卓越したSOC運用ノウハウがあってこそ、FortiGateのPCAPデータが活かされ、皆様のお役に立つサービスを提供できるものと考えております。私どもは今度も、このようなサービスを実現できた両社の協業関係を強固なものにしてゆく所存です」

* 出典 IDC's Worldwide Quarterly Security Appliance Tracker - 2018Q4(出荷台数)

関連リンク

フォーティネットについて (www.fortinet.com)

フォーティネット(NASDAQ: FTNT)は、世界中の大手企業、サービスプロバイダ、そして政府機関を守っています。フォーティネットは、拡大するアタックサーフェス(攻撃対象領域)に対するシームレスな保護とインテリジェンスを提供し、ボーダレスなネットワークでの、増え続けるパフォーマンスの条件に応じるパワーで、現在もまた将来も、お客様に貢献します。ネットワーク上でも、アプリケーションやクラウド、またはモバイル環境であっても、妥協することなく、極めて重大なセキュリティ上の問題に対応するセキュリティを提供できるのはフォーティネットのセキュリティ ファブリックのアーキテクチャだけです。フォーティネットは世界で最も多くのセキュリティアプライアンスを出荷し、世界385,000以上のお客様がビジネスを守るためにフォーティネット に信頼を寄せています。
フォーティネットジャパンについては、www.fortinet.co.jpをご覧ください。

Copyright© 2019 Fortinet, Inc. All rights reserved. 「®」および「™」マークはいずれも、Fortinet, Inc.とその子会社および関連会社の米国における登録商標および未登録商標であることを示します。フォーティネットの商標には、Fortinet、FortiGate、FortiGuard、FortiCare、FortiManager、FortiAnalyzer、FortiOS、FortiADC、FortiAP、FortiAppMonitor、FortiASIC、FortiAuthenticator、FortiBridge、FortiCache、FortiCamera、FortiCASB、FortiClient、FortiCloud、FortiConnect、FortiController、FortiConverter、FortiDB、FortiDDoS、FortiExplorer、FortiExtender、FortiFone、FortiCarrier、FortiHypervisor、FortiIsolator、FortiMail、FortiMonitor、FortiNAC、FortiPlanner、FortiPortal、FortiPresence、FortiProxy、FortiRecorder、FortiSandbox、FortiSIEM、FortiSwitch、FortiTester、FortiToken、FortiVoice、FortiWAN、FortiWeb、FortiWiFi、FortiWLC、FortiWLCOS、FortiWLMなどが含まれますが、これらに限定されるものではありません。その他の製品名およびサービス名等は、各社の商標である場合があります。フォーティネットは、本プレスリリース内の第三者に帰する声明、認可またはテストについては、検証を行っておらず、また、このような第三者に帰する声明を承認するものではありません。本プレスリリースは、保証または債務保証、または契約として一切拘束を受けるものではなく、記載された製品仕様または製品性能は、ある特定の環境や条件のもとで計測されていることがあります。また、本プレスリリースには、将来の見通しに関して不確実性および仮説を伴う記述が含まれている場合がありますが、本不確実性が現実になったり、あるいは本仮説が正しくないことが判明したりする場合、明文的あるいは暗黙的に記述された内容と異なる結果が生じることがあります。これには、サイバー犯罪活動の動向予測に関する記述などが含まれますが、これに限定されるものではありません。このような動向は予測することが困難であり、また、このような動向に関する公開予測や期待事項は結果として正しくないことがあります。フォーティネットは、このような将来見通しを改正する義務を一切負うものではなく、また改正を発行することもありません。