2018年4月17日
フォーティネットジャパン株式会社

アリスタネットワークス、フォーティネットのFabric-Ready Partner Programに加わり、データセンターやクラウドネットワークにおけるセキュリティのさらなる自動化を実現

Arista EOSとフォーティネットのセキュリティファブリックの統合で、ネットワークトラフィック要件に合わせたスケールアウトアーキテクチャのセキュリティ管理の向上を実現

統合型かつ自動型の広範にわたるサイバーセキュリティソリューションの世界的リーダーである、フォーティネット(Fortinet®、NASDAQ:FTNT)は本日、大規模データセンターやストレージ、コンピューティング環境向けにソフトウェア定義のクラウドネットワーキングソリューションを提供する大手プロバイダー、アリスタネットワークスが、フォーティネットのFabric-Ready Partner Program(ファブリック・レディ パートナー プログラム)に加わったことを発表しました。

  • 今回の発表は、フォーティネットとアリスタのこれまでの関係の拡大であり、今日の動的なデータセンターやクラウドネットワークの安全の確保に共に取り組んでいくコミットメントを示すものです。
  • Arista EOSのプログラマビリティをフォーティネットのセキュリティファブリックとともに活用することで、Arista DirectFlow Assistはスイッチがファイアウォールからトラフィックをオフロードできるスケールアウトアーキテクチャを実現します。ネットワーク管理者は例外的なトラフィックに対してオーバーエンジニアリングをするのではなく、通常のトラフィックパターンに基づきファイアウォールのサイジングができるようになり、スケーラビリティの向上とコスト節約を実現します。
  • フォーティネットのセキュリティファブリックとArista CloudVision® Macro-Segmentation Services (MSS)などのアリスタのクラウドネットワーキングソリューションの拡張性を組み合わせることで、現在のデータセンターはセキュリティニーズを満たすことができ、柔軟性、制御、自動化を向上させることが可能です。

ネットワークセキュリティの制御、自動化、スケールの向上を協業で実現

サービスの規模の大きさや成長に伴い帯域幅を求める消費者をサポートするため、インターネットのアーキテクチャの再構築が進められています。データセンターのネットワークスピードが増大するにつれ、ファイアウォールなどのセキュリティアプライアンスはこうした新たなスループットレベルに合わせてスケールしなければなりません。フォーティネットのセキュリティファブリックと、ハードウェアプラットフォームやアプリケーション拡張性に対してシングルイメージの一貫性を持つネットワークオペレーティングシステムであるアリスタのEOCを統合させることで、セキュリティ管理を向上させ、ネットワークトラフィック要件に最も合ったスケールアウトアーキテクチャのさらなる自動化を可能にするソリューションを提供します。

Arista EOSはアリスタのスイッチ上で実行され、フォーティネットのFortiGateエンタープライズファイアウォールの高度なセキュリティ機能と統合して動的にオフロードを行い、FortiGateに転送されるネットワークに対してシームレスな制御を提供します。こうした統合によりネットワークに動的なセキュリティポリシーを適用できるため、データセンターはそれぞれのセキュリティニーズを満たすことができ、スケールとパフォーマンスの向上が実現します。

また、アリスタネットワークスのCloudVision MSSはFortiManagerと統合し、データセンターへの高度なセキュリティサービスのインサーションを自動化します。MSSは柔軟性の高いソフトウェア駆動型のネットワークサービスであり、サービスデバイスやワークロードの物理、仮想に関係なく、FortiGateやその他セキュリティコンポーネントをトラフィックのパスにインサートします。アリスタとフォーティネットは今日の最も弾力性が高く、動的な環境の安全確保に向けて協力し、フォーティネットのセキュリティファブリックをハイブリッドのデータセンターに拡張して、一貫したセキュリティポリシーのオーケストレーションやエンフォースメント、高パフォーマンスのスケーラビリティを実現します。


フォーティネットのFabric-Ready Partner Program: 今日のセキュリティにおける課題をともに解決するために

Fabric-Ready Partner Programは、補完的なソリューションにフォーティネットのセキュリティ ファブリックの機能を公開するものです。本プログラムの一環として、アリスタとフォーティネットは今後も継続的にセキュリティファブリックとのテクノロジー統合の検証を共同で行い、一貫性のある相互運用性に向けたロードマップを共有していきます。また、市場開拓に向けた共同の取り組みから恩恵を受けることになります。

Fabric-Ready Partner Programではセキュリティソリューションをプロアクティブに検証し、配備準備の整った状態にしているため、お客様やチャネルパートナーの方々には既存のテクノロジー投資やセキュリティファブリック関連製品にさらなる自信を持っていただけます。こうした統合が、配備回数やテクニカルサポートの必要性を減らすとともに、総合運用性を高め、より効果的かつ応答性に優れたエンドツーエンドのセキュリティを実現します。

フォーティネットのプロダクト&ソリューション担当シニアバイスプレジデント、John Maddison(ジョン・マディソン)は次のように述べています。「データセンターネットワークのスピードは急速に高まっており、セキュリティはスループット需要に合わせてシームレスにスケールする必要があります。Arista EOSとCloudVisionを、フォーティネットのセキュリティファブリックの広範かつ自動型の機能と統合することで、両社のお客様はネットワークトラフィック要件に合わせてセキュリティアーキテクチャのマッピングを行い、さらなるスケーラビリティ、制御、コスト節約から恩恵を受けられるようになります。アリスタネットワークスを当社のFabric-Ready Partner Programに迎えることができ、そして今後も継続的に統合を行うことで私たちのお客様のデータセンターやクラウドネットワークのセキュリティ管理や自動化機能を高めていけることができ、大変うれしく思います」

アリスタネットワークスのビジネス開発およびアライアンス担当バイスプレジデントのEd Chapman氏は次のように述べています。「クラウドネットワーキングに対する当社のオープンな標準ベースのアプローチにより、フォーティネットのような大手テクノロジープロバイダーに、当社のソフトウェアプログラマビリティを拡張できるようになり、動的な環境でのセキュリティ配備が可能になりました。フォーティネットのセキュリティファブリックとArista EOSプラットフォームの拡張性を組み合わせることで、データセンターエンタープライズに必要なスケール、アジリティ(機敏性)、自動化を提供します」


フォーティネットについて (www.fortinet.com)
フォーティネット(NASDAQ: FTNT)は、世界中の大手企業、サービスプロバイダ、政府機関などを守っています。フォーティネットは、拡大するアタックサーフェス(攻撃対象領域)に対するシームレスな保護とインテリジェンスを提供し、ボーダレスなネットワークでの、増え続けるパフォーマンスの条件に応じるパワーで、現在もまた将来も、お客様に貢献します。ネットワーク上でも、アプリケーションやクラウド、またはモバイル環境であっても、妥協することなく、極めて重大なセキュリティ上の問題に対応するセキュリティを提供できるのはフォーティネットのセキュリティ ファブリックのアーキテクチャだけです。フォーティネットは世界で最も多くのセキュリティアプライアンスを出荷し、世界34万以上のお客様がビジネスを守るためにフォーティネット に信頼を寄せています。
フォーティネットジャパンについては、www.fortinet.co.jpをご覧ください。

Copyright© 2018 Fortinet, Inc. All rights reserved. 「®」および「™」マークはいずれも、Fortinet, Inc.とその子会社および関連会社の米国における登録商標および未登録商標であることを示します。フォーティネットの商標には、Fortinet、FortiGate、FortiGuard、FortiManager、FortiMail、FortiClient、FortiCloud、FortiCare、FortiAnalyzer、FortiReporter、FortiOS、FortiASIC、FortiWiFi、FortiSwitch、FortiVoIP、FortiBIOS、FortiLog、FortiResponse、FortiCarrier、FortiScan、FortiDB、FortiVoice、FortiWebなどが含まれますが、これらに限定されるものではありません。その他の製品名およびサービス名等は、各社の商標である場合があります。フォーティネットは、本プレスリリース内の第三者に帰する声明、認可またはテストについては、検証を行っておらず、また、このような第三者に帰する声明を承認するものではありません。本プレスリリースは、保証または債務保証、または契約として一切拘束を受けるものではなく、記載された製品仕様または製品性能は、ある特定の環境や条件のもとで計測されていることがあります。また、本プレスリリースには、将来の見通しに関して不確実性および仮説を伴う記述が含まれている場合がありますが、本不確実性が現実になったり、あるいは本仮説が正しくないことが判明したりする場合、明文的あるいは暗黙的に記述された内容と異なる結果が生じることがあります。これには、サイバー犯罪活動の動向予測に関する記述などが含まれますが、これに限定されるものではありません。このような動向は予測することが困難であり、また、このような動向に関する公開予測や期待事項は結果として正しくないことがあります。フォーティネットは、このような将来見通しを改正する義務を一切負うものではなく、また改正を発行することもありません。

 

フォーティネットについて

設立

2000年

NASDAQ上場

FTNT(銘柄名)

本社

カリフォルニア州サニーベール

従業員数

5,000人以上

財務経営

  • 2017年度の売上:
    14.95億ドル
  • 無借金経営

最初の製品出荷

2002年5月

出荷実績

3,600,000台以上

顧客数

340,000社以上

市場での実績

出荷台数 世界第1位
(IDC調べ)

特許数

  • 467件の特許取得
  • 291件の特許出願

@FortinetJapanをTwitterでフォローしよう!