2018年6月6日
フォーティネットジャパン株式会社

フォーティネット、Bradford Networksを買収

IoT(モノのインターネット)を含むエンタープライズネットワークのエッジにまでセグメンテーションとセキュリティを拡張して、フォーティネットセキュリティファブリックを強化

統合型かつ自動型の広範にわたるサイバーセキュリティソリューションの世界的リーダーである、フォーティネット(Fortinet®、NASDAQ:FTNT)は本日、Bradford Networks(ブラッドフォード ネットワークス)の買収を完了しました。アクセス制御とIoTのセキュリティソリューションをまとめることで、フォーティネットセキュリティファブリックが強化されるため、大企業の複雑なネットワークにおいて、以下のような可視性とセキュリティが向上します。詳細は下記のとおりです。

  • エンドポイント、ユーザー、IoTを含むネットワークにアクセスするあらゆるデバイスやアプリケーション、ヘッドレスデバイスの完全かつ継続的な可視性を、エージェントレスで実現します。
  • デバイスの詳細なセグメンテーション、ヘッドレスデバイスの種類とプロファイルごとの動的な分類、ポリシーの自動割り当てを通じたIoTセキュリティの強化により、シンプルなウェブユーザーインターフェースを使用して、安全でないデバイスを細かく隔離できます。
  • ワークフローの自動的な統合によって横方向の動きを阻止することで、イベントのトリアージと脅威の封じ込めを秒単位で正確に行うことができます。
  • 高度にスケーラブルなアーキテクチャによって実現する、コスト効率に優れた容易なデプロイメントにより、マルチサイトに導入する際にも、全ての場所でデプロイメントを行う必要がなくなります。
  • ガートナーとフォレスターの評価に加え、多数の受賞歴を持つBradford Networksは、拡大するデジタルのアタックサーフェス(攻撃対象領域)からの保護と防御に関して、世界中の大企業から信頼を得ています。

フォーティネットの創業者であり、取締役会会長兼CEOのKen Xie(ケン・ジー)は次のように述べています。
「大手企業は、ネットワークトラフィックの大幅な拡大、自社ネットワークにアクセスするデバイスとユーザーの増加、急激に高まっている侵害のリスクに常に直面しています。フォレスターが最近実施した調査では、自社のネットワークにアクセスするすべてのデバイスを特定できていない企業の割合が82%にのぼりました。Bradford Networksの技術と、フォーティネットのセキュリティファブリックが統合されることで、信頼できないデバイスによるネットワークへのアクセスをブロックし、脅威を封じ込めるために必要な継続的な可視性、詳細なセグメンテーション、アクセス制御といった機能を大企業に提供します」

Bradford NetworksのCEO(最高経営責任者)、Rob Scott(ロブ・スコット)は次のように述べています。
「ネットワークセキュリティのリーダーとして、他にない高度な可視性とセキュリティを大規模なエンタープライズに提供しているフォーティネットに加わることを楽しみにしています。Bradford Networksの技術はすでに、FortiGate、FortiSIEM, FortiSwitch、FortiAPなどのフォーティネット セキュリティ ファブリックと統合されていますが、これによって電力、石油、ガス、製造といった極めて重要なインフラストラクチャにおける厳しいセキュリティ環境でも、サイバー脅威のリスクと影響を最小限に抑えることが可能になります」

フォーティネットは、2018年5月3日に発表された2018年第2四半期および通期の財務見通しに、今回の買収による大きな影響はないと見込んでいます。


Bradford Networksについて

約20年にわたり、Bradford Networksはネットワークセキュリティのパイオニアとして認められています。現在、Bradford Networksの次世代ネットワークアクセス制御ソリューションは、BYOD、IoT、エンドポイントデバイスの保護において重要な役割を果たしています。受賞歴のある特許取得済みのNetwork Sentryでは、あらゆるエンドポイントデバイスやネットワークインフラストラクチャデバイスの特定、動的なネットワークアクセス制御を実行するための状況認識、脅威レスポンスの自動化を通じたサイバー侵害の封じ込めを行うことができます。SmartEdge Platformが活用されているこのソリューションは、お客様の既存のサードパーティのネットワーキング、セキュリティ、ディレクトリ、モビリティ製品と容易に統合可能で、企業の資産や知的財産への不正アクセスのリスクを最小限に抑えることができます。これにより、サイバー脅威の封じ込めにかかる時間とコストを節約しながら、脅威による影響を軽減することが可能になります。実績のあるBradford Networksのソリューションは、教育、エネルギー・公益事業、金融、ホスピタリティ、政府・防衛機関、医療、製造・小売りなど、数多くの市場部門に従事する世界中の1,000社を超える企業に利用されています。詳しくは、www.bradfordnetworks.comをご覧ください。


フォーティネットについて (www.fortinet.com)
フォーティネット(NASDAQ: FTNT)は、世界中の大手企業、サービスプロバイダ、そして政府機関を守っています。フォーティネットは、拡大するアタックサーフェス(攻撃対象領域)に対するシームレスな保護とインテリジェンスを提供し、ボーダレスなネットワークでの、増え続けるパフォーマンスの条件に応じるパワーで、現在もまた将来も、お客様に貢献します。ネットワーク上でも、アプリケーションやクラウド、またはモバイル環境であっても、妥協することなく、極めて重大なセキュリティ上の問題に対応するセキュリティを提供できるのはフォーティネットのセキュリティ ファブリックのアーキテクチャだけです。フォーティネットは世界で最も多くのセキュリティアプライアンスを出荷し、世界35万以上のお客様がビジネスを守るためにフォーティネット に信頼を寄せています。
フォーティネットジャパンについては、www.fortinet.co.jpをご覧ください。

Copyright© 2018 Fortinet, Inc. All rights reserved. 「®」および「™」マークはいずれも、Fortinet, Inc.とその子会社および関連会社の米国における登録商標および未登録商標であることを示します。フォーティネットの商標には、Fortinet、FortiGate、FortiGuard、FortiManager、FortiMail、FortiClient、FortiCloud、FortiCare、FortiAnalyzer、FortiReporter、FortiOS、FortiASIC、FortiWiFi、FortiSwitch、FortiVoIP、FortiBIOS、FortiLog、FortiResponse、FortiCarrier、FortiScan、FortiDB、FortiVoice、FortiWebなどが含まれますが、これらに限定されるものではありません。その他の製品名およびサービス名等は、各社の商標である場合があります。フォーティネットは、本プレスリリース内の第三者に帰する声明、認可またはテストについては、検証を行っておらず、また、このような第三者に帰する声明を承認するものではありません。本プレスリリースは、保証または債務保証、または契約として一切拘束を受けるものではなく、記載された製品仕様または製品性能は、ある特定の環境や条件のもとで計測されていることがあります。また、本プレスリリースには、将来の見通しに関して不確実性および仮説を伴う記述が含まれている場合がありますが、本不確実性が現実になったり、あるいは本仮説が正しくないことが判明したりする場合、明文的あるいは暗黙的に記述された内容と異なる結果が生じることがあります。これには、サイバー犯罪活動の動向予測に関する記述などが含まれますが、これに限定されるものではありません。このような動向は予測することが困難であり、また、このような動向に関する公開予測や期待事項は結果として正しくないことがあります。フォーティネットは、このような将来見通しを改正する義務を一切負うものではなく、また改正を発行することもありません。

 

フォーティネットについて

設立

2000年

NASDAQ上場

FTNT(銘柄名)

本社

カリフォルニア州サニーベール

従業員数

5,400人以上

財務経営

  • 2017年度の売上:
    14.95億ドル
  • 無借金経営

最初の製品出荷

2002年5月

出荷実績

4,000,000台以上

顧客数

360,000社以上

市場での実績

出荷台数 世界第1位
(IDC調べ)

特許数

  • 536件の特許取得
  • 240件の特許出願

@FortinetJapanをTwitterでフォローしよう!