FortiGuardアンチスパムサービス

スパムをブロック

組織への高度な攻撃を開始するために最も使用される経路はメールであることから、効果の高いアンチスパムを導入することが組織の保護を実現するうえで鍵となります。

FortiGuardアンチスパムは、組織の処理対象となるスパムを包括的かつ多層的なアプローチで検知およびフィルタリングします。二重パスを使用する検知テクノロジーによりネットワークの境界でスパムメールを大幅に削減するので、メールによる攻撃や感染に対する卓越した制御が可能になります。さらに、FortiClientエンドポイントエージェントは、リモートコンピューターやモバイルデバイスでスパムメッセージをブロックできます。

Virus Bulletinによる2015年のVBSpamテストで、フォーティネットのアンチスパムはセキュリティの有効性で99.98%の効果を上げ、セキュリティ業界内第2位の評価を受けました。


FortiGuardアンチスパムサービス:

効果の高いアンチスパム機能により、メールを介する攻撃の脅威から組織を保護 ドメイン、グループ、または個別のユーザーのレベルでアンチスパムフィルタリングを使用し、組織に応じてポリシーをカスタマイズ
二重パスを使用する検知テクノロジーにより、ネットワークの境界でスパムメールを削減 一度設定するだけであとは手間いらずの運用が可能で、管理および運用コストを低減
プッシュ型とプル型のオプションによる最速のアップデート速度で、常に最新のセキュリティ状態を維持 デバイスベースのライセンス体系を採用し、初期導入および維持コストの両方を低減

FortiGuard Labsのグローバル脅威インテリジェンス

FortiGuard Labsは、毎日1分あたり約21,000件のスパムメールをブロックし、毎週約4,600万のスパムルールを新規作成/更新しています。

脅威の最新状況に関する正確な知識、そして脅威に対して複数のレベルで迅速に対応する能力を備えていることは、効果的なセキュリティを提供する上で不可欠な要素です。FortiGuard Labsの数百人の研究者が、サイバー環境の現状を毎日詳細に調査し、新たな脅威を発見し、世界中の組織の保護に役立つ効果的な対策を開発しています。世界中の250,000以上の組織が、FortiGuardのセキュリティを活用しています。


関連リンク

 
 

ダウンロードセンター

FortiGate

FortiAP

@FortinetJapanをTwitterでフォローしよう!