FortiGuardアプリケーション制御サービス

アプリケーションの制御を強化

ユーザーが実行するアプリケーションに対する優れた可視性をリアルタイムで実現することにより、適切な使用ポリシーを簡単に適用してセキュリティを向上し、コンプライアンスに対応できます。FortiGuardアプリケーション制御を使用することで、個別のアプリケーションまたは特定種類のすべてのアプリケーションへのアクセスを許可、拒否、または制限するポリシーをすばやく作成できます。

アプリケーション制御は、FortiGateの次世代ファイアウォールを介してNGFWサービスの一環として提供されます。NSS Labsによる2016年のNGFWセキュリティテストで、セキュリティの総体的有効性についてフォーティネットが獲得した99.97%という最高評価にも、この機能が寄与しています。

ポート、プロトコル、IPアドレスのみを識別する従来型ファイアウォールでは不可能なアプリケーションの識別と制御に、次世代ファイアウォールは対応します。FortiOSおよび集中管理ソリューションを実行するFortiGate次世代ファイアウォールは、アプリケーションの使用状況をリアルタイムで表示するだけでなく、トレンドの推移についても表示、ビジュアル化、レポート作成の機能を提供します。アプリケーション制御を使用することで、ネットワークの境界上、データセンター内、およびネットワークセグメント間の制御ポイントを通じて、悪意あるアプリケーション、リスクの高いアプリケーション、不要なアプリケーションを排除できます。


FortiGuardアプリケーション制御サービス:

危険度の高いアプリケーションへのアクセスをブロックまたは制限することで、組織の保護を強化 アプリケーションカテゴリを使用することで、アプリケーションタイプに基づいてポリシーを細かく調整
数千のアプリケーションの可視性と制御を提供し、カスタムアプリケーションの追加にも対応 アプリケーションに応じてトラフィックの優先度を変更したりブロックしたりすることにより、ネットワークの帯域幅の使用を最適化

FortiGuard Labsのグローバル脅威インテリジェンス

アプリケーション制御サービスでは、グローバルなFortiGuard Labsの開発チームによって収集されたインテリジェンスが活用されます。業界をリードする脆弱性研究・調査組織であるFortiGuard Labsは、アプリケーションインテリジェンスとIPSの統合によって、NGFWおよびNGIPSのセキュリティ効果を極めて高レベルまで引き上げます。

脅威の最新状況に関する正確な知識、そして脅威に対して複数のレベルで迅速に対応する能力を備えていることは、効果的なセキュリティを提供する上で不可欠な要素です。FortiGuard Labsの数百人の研究者が、サイバー環境の現状を毎日詳細に調査し、新たな脅威を発見し、世界中の組織の保護に役立つ効果的な対策を開発しています。世界中の250,000以上の組織が、FortiGuardのセキュリティを活用しています。


関連リンク

 
 

ダウンロードセンター

FortiGate

FortiAP

@FortinetJapanをTwitterでフォローしよう!