FortiGuardドメインレピュテーションサービス

DNSサーバーを保護

DDoS攻撃を企む攻撃者は、DNSサーバーを好んで使用します。大規模なDDoS攻撃のほとんどは、DNSサーバーが認識せずに支援して、ターゲットに送信されるパケットサイズを繰り返したり増やしたりすることによって、トラフィックを増幅させます。

FortiGuardドメインレピュテーションサービスは、既知の悪意ある完全修飾ドメイン名(FQDN)のリストを定期的に更新します。このサービスは、DNSサーバーが既知の悪意あるサイトに到達しないようにし、またハイジャックされたドメイン名を使用してソースIPを難読化する攻撃を防止するのに役立ちます。

ドメインレピュテーションサービスは、FortiDDoS DDoS攻撃減災ソリューションで利用できます。


FortiGuardドメインレピュテーションサービス:

アクセス制御リストを有効にして、悪意あるサイトへのクエリをドロップ 高度なDNS機能を備えたFortiDDoSデバイスでのみサポート
感染ドメインへの応答や迂回をドロップして、リフレクション攻撃を防止 FortiGuard Labsから毎日提供されるダウンロードによって、常に最新状態を保持

FortiGuard Labsのグローバル脅威インテリジェンス

毎日、新たなドメインが攻撃者によって乗っ取られ、DDoS攻撃の拡大に利用されています。FortiGuard Labsが追跡している既知の完全修飾ドメイン名は100万を超え、その数は更新によって日増しに増加しています。ドメイン名のレピュテーションサービスによって、攻撃の識別を高速化し、既知の悪意あるソースから引き起こされる問題を排除できます。

 
 

ダウンロードセンター

FortiGate

FortiAP

@FortinetJapanをTwitterでフォローしよう!