セキュアWebゲートウェイ(SWG)

現在ではSecure Sockets Layer(SSL)の導入が進み、2018年1月の時点では少なくともインターネット上のWebサイトの60%でSSLが利用されています。SSLではデータの機密性が確保されますが、一方ではマルウェアを密かに隠す格好の場所をサイバー犯罪者に与えてしまうことになります。業界のレポートでは、不正なトラフィックの41%が暗号を悪用していることが明らかになっています。さらに、セキュリティ管理者は企業から出ていくデータの視認性を失い、データ喪失に対するポリシーを適用することができません。

SWGは、URLフィルタリング、暗号化されたWebトラフィックに対するSSLインスペクションによる可視化と制御、きめ細かなWebアプリケーションポリシーの適用を実現し、Web攻撃から大切な企業データを保護します。

フォーティネットは、Virus Bulletin誌がWebフィルタリングの有効性を評価するVBWeb認定を初めて獲得した唯一のセキュリティベンダーです。

SWGによって、セキュアWebゲートウェイのさまざまなメリットを享受することが可能になると同時に、運用管理の複雑さが軽減されます。

フォーティネットのセキュアWebゲートウェイは、下記の2つの製品で提供されています。

  • FortiGate SWG
  • FortiProxy

SWGの主な機能と特長

注目点:

暗号化されたWebトラフィックの可視化

ノート:

きめ細かなWebアプリケーションポリシーを活用する、ユーザー認証およびコンプライアンス制御の適用

互換性:

インライン、明示的、または透過的な導入を網羅する柔軟な導入形態をサポート

受賞:

NSS Labsより「Recommended(推奨)」の評価を獲得しているFortiSandboxおよびFortiClientエンドポイントテクノロジーとの統合により、高度な攻撃からユーザーを保護


製品

FortiGate 2000

FortiGate SWG (Secure Web Gateway):ハイエンド

FortiGate 3000シリーズ, FortiGate 2000シリーズ, FortiGate 1000シリーズ

FortiGate 600

FortiGate SWG (Secure Web Gateway):ミッドレンジ

FortiGate 800D, FortiGate 600D, FortiGate 300-500シリーズ, FortiGate 100-200シリーズ

FortiProxy

FortiProxy:

FortiProxy 400E, 2000E, 4000E, VM

FortiProxy

FortiGuard Webフィルタリングサービス:

詳しくはこちら


関連資料

 
 

ダウンロードセンター

FortiGate

FortiAP

@FortinetJapanをTwitterでフォローしよう!