業界動向ニュース

サイバー犯罪者たちが、パブリックWebアプリケーションや社内Webアプリケーションを標的にすることが増えています。データブリーチの半数近くが、Webアプリケーションの脆弱性を標的にした攻撃によって引き起こされています。攻撃から組織を守るためには、Webアプリケーションファイアウォール(WAF)が効果的です。しかし、こうしたデバイスの使用をためらう組織もあります。正規のユーザーやアプリケーションをブロックしないようすばやく誤検知に対処する際に、膨大なリソースが必要とされているからです。

記事を読む

私はサイバーセキュリティのランドスケープ全体を注意深く観察してきましたが、そこには現在、厄介なトレンドがあります。対処されなければ、これまでにない深刻なレベルの損害と極めて不安定な状況を生み出す可能性があると考えています。サイバー犯罪者はデジタルトランスフォーメーションに伴うアタック・サーフェスの拡大、既製のマルウェアと新たな利益を得るマルウェアの卓越した容易さとアクセスのしやすさを活用します。さらに、ITチームが変更管理に忙殺されるなか、適切なパッチを更新しシステムを強化し続けるために必要なリソースが不足している状況も彼らにとっては好都合です。

記事を読む

患者情報や独自の医療研究の保護という点で、医療業界は絶えずサイバーセキュリティに関する大きな課題に直面しています。電子カルテ(EHR)やオンラインの患者ポータル、接続機器、ウェアラブルといった新しい医療技術の導入により、患者に提供される治療や利便性は向上しているものの、それと同時に医療機関が攻撃を受けるリスクも高まっています。

記事を読む

私たちが今、目にしているものは、氷山の一角にすぎません。従来は切り離されていたOTシステムはITと統合され始めており、製造現場が世界の商取引現場とつながりつつあります。かんばん方式や柔軟性のあるオンデマンドの生産システムなどにより、効率と収益性の向上は実現するでしょうが、まったく新たなリスクが登場することとなり、中には壊滅的な結果をもたらす可能性を秘めたものもあるでしょう。

記事を読む

SCADA(監視制御システム)やICS(産業用制御システム)を始めとする運用テクノロジー(OT)は、企業や組織の生産・運用部門で使われる物理的なデバイス、プロセス、イベントを監視・制御するよう設計されたハードウェアやソフトウェアで構成されるシステムです。OTネットワークは、生産、製造、防衛、緊急対応、食品および農業、金融などのシステムで重要な役割を果たしていますが、従来は、これらのシステムがITネットワークから切り離され、一般的には、異なるチームによって所有、管理、運用されてきました。

記事を読む

高度にパーソナライズされた情報やサービスに多様な相互接続デバイスから即座にアクセスすることに対する個人の期待が高まり、この需要がビジネスと社会の両方のデジタル変革を促進しています。変革に後れをとらないようにするには、機械学習や人工知能などを利用して市場の動向を把握・予測し、それに応答する能力を高める必要があります。

記事を読む

フォーティネットはNSS Labsの2017年BDS(ブリーチ検知システム)グループテストに参加し、2017年後半に発表した最新アプライアンスであるFortiSandbox 2000Eで「Recommended(推奨)」評価を獲得しました。FortiSandbox 2000Eは、中規模から大規模の企業の要件に対応するよう設計された最新のサンドボックスソリューションです。

記事を読む

食品業界最大手のある企業は、自社の大規模な分散型ネットワークを接続する効率的な方法を模索していました。同社は、Microsoft Azureとフォーティネット製品を使ってそれを実現することを決断し、週末の半日でAzureへの移行を成功させました。何の問題もダウンタイムも発生することなく、移行が完了したのです。

記事を読む

ITチームが解決しなければならない問題は多く存在しますが、その中でも、サイバー犯罪者の一歩先を行くことは最大の課題の一つといえるでしょう。もちろん、デジタル社会が常に変化し、潜在的な攻撃対象領域が継続的に拡大していることで、この問題はさらに複雑化しています。また、サイバー犯罪者も常に攻撃方法を巧妙化して、セキュリティソリューションを回避し、検知を逃れようとしています。

記事を読む

フォーティネットとIBMの両社共同発表内容により、セキュリティゲートウェイ、侵入防止、Webアプリケーションセキュリティなどの仮想ファイアウォール機能を豊富に備えるFortiGate仮想アプライアンスがIBM Cloud for VMware Solutionsに組み込まれ、IBM Cloudのポータルを通じて第4四半期からご利用可能になります。

記事を読む

フォーティネットは現在、世界的に拡散している新たなランサムウェア「Petya」の亜種を調査中です。このランサムウェアはエネルギー、銀行、交通システムなどの重要インフラをはじめ、幅広い業界や組織に影響を及ぼしています。

記事を読む

世界中で広く利用され、業界を代表するとされるOSが少数に限られることは幸運だったといえます。OSの選択肢が何百も存在し、どのOSも攻撃の原因になる可能性があるとすれば、インターネットセキュリティエンジニアの仕事がどれほど大変か想像できるはずです。残念ながら、IoTのOSが益々多様化しているという今日の問題が解決されない限り、インターネットセキュリティに関するこのような懸念がそう遠くない将来に現実となってしまうでしょう。

記事を読む

サイバーインテリジェンスの共有を成功させるには、第1に組織間の信頼関係を構築し、第2に情報の収集および交換と情報に基づく対応のプロセスを迅速化することが必要です。

記事を読む

この1年のサイバー脅威の変遷を振り返ることで、いくつかのトレンドが明らかになります。これらのトレンドをガイドラインとして、2017年のサイバー脅威環境の変化およびデジタルエコノミーに対する潜在的影響について、以下に6つの予想を紹介します。

記事を読む