フォーティネット セキュリティ ファブリックによるランサムウェアからの防御

Fortinet ランサムウェア対策ガイド(version 3.1)

Fortinet ランサムウェア対策ガイド(version 3.1)

今すぐ読む
ランサムウェアの現状と考察

ランサムウェアの現状と考察

今すぐ読む
FortiGuard Labs脅威レポート:FortiGuardでサイバー攻撃の嵐に備える

FortiGuard Labs脅威レポート:FortiGuardでサイバー攻撃の嵐に備える

今すぐ読む

ランサムウェアを解き明かす

ランサムウェアは、あらゆる組織に壊滅的な被害をもたらす可能性があります。次のような事実を見れば、その深刻さがお分かりいただけるでしょう。

Ransomware Prevalence

ransomware-page-fortinet-security-fabric

ランサムウェアの脅威から企業を保護するフォーティネット セキュリティ ファブリック

フォーティネットは、自社のセキュリティソリューションと他社ベンダーのセキュリティ製品を、セキュリティ ファブリックと呼ぶ単一の一体型エンティティとして統合する、包括的なアプローチを採用しています。フォーティネット セキュリティ ファブリックは、ランサムウェアの攻撃経路として最も多く使用されるフィッシングメールをはじめ、脅威のあらゆる攻撃経路においてランサムウェアの攻撃に対する保護を実現します。

ランサムウェア対策の4つのステップ:

Print

防御: 今日のランサムウェアをブロックする

ネットワーク、エンドポイント、アプリケーション、データセンター、アクセスをすべて網羅するフォーティネットのセキュリティソリューションを導入することで、企業組織へのあらゆる入口において、最新のものを含めたすべての既知のマルウェアの攻撃を防御します。フォーティネットのセキュリティソリューションは、FortiGuardのグローバルな脅威インテリジェンスサービスを活用しています。

Print

検知: 未知のランサムウェアを特定する

FortiSandboxおよびその他の先進の脅威検知テクノロジーによって、新たなランサムウェアとその亜種をすべて検知することができるため、保護対策の改善に必要となる実用的なインテリジェンスが提供されます。

Print

減災: ランサムウェアからのリアルタイムの保護

これまで見たことのないランサムウェアの攻撃を阻止するためには、セキュリティ ファブリック内の検知および防御用のコンポーネントの間で、実用的な脅威インテリジェンスをローカルに自動共有することが重要です。

異なる企業や組織を網羅する減災対策は、FortiGuardのグローバルインテリジェンスによって実現し、Cyber Threat Alliance(CTA)を通じて一般社会に広く提供されます。

Print

予防: 常に最新のランサムウェアの脅威に備える

上記の手順によるセキュリティのベストプラクティスの一環として、SamsamやZCryptorなどに見られるような、ワームに似たランサムウェアの振る舞いから保護するために、ネットワークのセグメント化が適切に行われていることを確認する必要があります。

データのバックアップとリカバリは、ディザスタリカバリや監査などの多くのシナリオと同様に、ランサムウェアをはじめとするセキュリティへの脅威に関心の高い企業や組織に欠かすことのできない戦略です。

常に最新のランサムウェアを把握し、脅威に備えることが重要です。フォーティネットの研究者は、ブログFortiGuard Threat Intelligence Brief(英語)を通じて、ランサムウェアの最新トレンドに関する実用的インテリジェンスを発信しています。ぜひご活用ください。

フォーティネットの高度な脅威保護: 統合的なアプローチが企業のセキュリティ対策を一変させる理由

フォーティネットが提供する業界トップクラスの脅威インテリジェンスが、市場をリードする防御、検知、減災をどのように支援し、最も高度な脅威からの保護を可能にしているか、ビデオでご説明します。

今すぐ見る(英語)

FortiGuard Labsが追跡、分析したランサムウェアの一例: