エンドポイントの保護

エンドポイントの防御

エンドポイントセキュリティとは、ネットワークへのアクセス権限が付与される前に、企業ネットワークにある各コンピューティングデバイスが特定の基準に準拠するように求めるネットワーク保護の手法です。エンドポイントとは、ネットワーククライアントとして動作する個々のデバイスやコンピュータシステムです。エンドポイントには、デスクトップPC、ノートブックPC、スマートフォン、タブレット、バーコードリーダー、PoS (販売時点情報管理)端末などの特殊な機器があります。エンドポイントセキュリティには、セキュリティが懸念されるエンドポイントを導入するときに実施されるあらゆる対策が含まれます。これらの対策には、エンドポイントを保護する場合のリスクを判断することや、エンドポイントからネットワークを保護することも含まれます。リスク管理およびレポートなど、これらのセキュリティ対策の管理も含まれます。

包括的なセキュリティソリューション

フォーティネットのエンドポイント保護ソリューションでは、WindowsベースおよびMacベースのデスクトップ、ノートブックPC、ファイルサーバに関する包括的なセキュリティ機能を利用できるようになり、一元的な管理コンソールから高度なセキュリティテクノロジをすべて管理してシステムを保護できます。FortiClientエンドポイントセキュリティは、クライアントベースのソフトウェアであり、企業のコンピュータおよびモバイルデバイス向けのセキュリティ機能を提供するように設計されています。FortiClientを、FortiGateと組み合わせて利用すると、エンドポイントコントロール、VPN、および統合脅威管理機能をデスクトップおよびノートブックPCで利用できます。また、FortiClientは、スマートフォン向けに、VPN、ウイルス対策、Webフィルタリング、脆弱性スキャンなどのセキュリティ機能を提供します。

統合型の保護機能

FortiClientエンドポイントセキュリティにより、統合脅威管理をリモートデバイスにまで拡張して、エンドポイントを保護できます。FortiClientにより、分散化するモバイルワーカー、契約社員、およびパートナーによる安全なリモートアクセスが求められるビジネスを企業は推進していくことができます。FortiClientを、統合型セキュリティアプライアンスであるFortiGateと組み合わせて利用すると、エンドポイントコントロール、WAN最適化、VPNおよびアイデンティティ検証を単一のエージェントから集中的に実施することができ、リモートアクセスに関するさまざまなセキュリティのニーズに対応できます。

関連製品

 

ダウンロードセンター

FortiGate

FortiAP

@FortinetJapanをTwitterでフォローしよう!