Fortinet技術者認定プログラム(NSE)


NSE(Network Security Expert)は、フォーティネット製品を最大限に活用するためのトレーニングプログラムです。認定資格を取得することで、セキュリティプロフェッショナルとしての専門知識を示すことができます。NSEは8つのレベルで構成されており、NSE2とNSE3についてはフォーティネットパートナーのみ受講いただけるコースとなります。

NSEの各レベルの目的は以下となっております。各コース名をクリックいただくと、コースごとの詳細情報(英語)をご確認いただけます。

レベル 目的
NSE1 ネットワークセキュリティのコンセプトに関する基本知識を身に付ける。
NSE2 セキュリティの脅威に対するソリューションに関する知識を身に付ける。
NSE3 フォーティネットの製品を販売するための知識とスキルを身に付ける。
NSE4 FortiGateのコンフィギュレーションと管理を行うための知識とスキルを身に付ける。
NSE5 ネットワークセキュリティの管理と分析を行うための知識とスキルを身に付ける。
NSE6 ファイアウォールを超える専門的なセキュリティテクノロジーについて理解する。
NSE7 エンタープライズファイアウォールとしての導入やトラブルシューティングを理解する。
NSE8 包括的なネットワークセキュリティソリューションの構築、コンフィギュレーション、インストール、トラブルシューティング能力を示す。

関連ページ

 

フォーティネットについて

設立

2000年

NASDAQ上場

FTNT(銘柄名)

本社

カリフォルニア州サニーベール

従業員数

4,900人以上

財務経営

  • 2016年度の売上:
    12.75億ドル
  • 無借金経営

最初の製品出荷

2002年5月

出荷実績

3,400,000台以上

顧客数

330,000社以上

市場での実績

セキュリティ機器市場 世界第1位
(IDC調べ。ベンダー出荷台数)

特許数

  • 439件の特許取得
  • 291件の特許出願

@FortinetJapanをTwitterでフォローしよう!