不正侵入検知/防御(IPS)サービス

FortiGuard不正侵入検知/防御(IPS)サービスは、探知されにくいネットワーク レベル脅威に対する最新の防御機能を提供するサービスです。その7,300*を超える既知の脅威に加えカスタマイズ可能なデータベースを通じて、FortiGateおよびFortiWiFiアプライアンスは従来のファイアウォール防御を回避する攻撃を阻止できるようになります。またこのサービスでは、ビヘイビアに基づくヒューリスティックエンジンを搭載しており、まだシグネチャが開発されていない脅威についても防御が可能になります。
こうした既知と未知の両方の脅威防御機能によって、FortiGate/FortiWiFiは、ネットワークが有線でも無線でも、また場所が企業の本社でも支店でも、ネットワークの境界でほとんどの有害な攻撃を阻止することができます。IPSシグネチャ 更新は、FortiGuardディストリビューションネットワークを通して提供されます。

* 2012年9月現在

 

フォーティネットについて

設立

2000年

NASDAQ上場

FTNT(銘柄名)

本社

カリフォルニア州サニーベール

従業員数

5,000人以上

財務経営

  • 2017年度の売上:
    14.95億ドル
  • 無借金経営

最初の製品出荷

2002年5月

出荷実績

3,600,000台以上

顧客数

340,000社以上

市場での実績

出荷台数 世界第1位
(IDC調べ)

特許数

  • 467件の特許取得
  • 291件の特許出願

@FortinetJapanをTwitterでフォローしよう!